07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/09/23//Sun * 23:56
●○荒平天神

荒平天神01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

友人を職場に送り、別れを告げ、弟家へ向かって車を走らせ始め
てすぐ、興味深い光景が目に入りました。
満潮時には明らかになくなりそうな砂浜の道が小さい島へ延びて
いて、手前に赤い鳥居。砂浜の道を辿ると島に着いてから階段に
なっており、先が見えません。
もうこうなると先がどうなっているのか気になって仕方ないので、
行ってみることにしました。

荒平天神02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

砂浜の道の左側の風景。水が透き通っていてとてもきれい。

荒平天神03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

砂浜の道は真っ直ぐ島へ向かっており、島からは階段に。

荒平天神04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

砂浜の道の右側の風景。

荒平天神05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

階段を上ります。
ここには学問の神様の菅原道真公が御神体として奉られていて、
一度火事が起こったが、御神体は無事だったとあります。

荒平天神06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

階段の上部は朽ちた岩と木の根で階段状になっていて、かなり急
な登り。ロープがあります。まあ掴むほどではないですが。
しかしこの先どうなっているんだろう。こういうのってワクワク
しますよね。

荒平天神07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

最上部。うおっ? 派手だ。
もっとこう朽ちたお堂みたいなものがあることを想像していたの
で、意表を突かれました。火事の前だったらきっと年月にあった
風情な建物があったのかも・・・ 手を合わせて戻ります。

荒平天神08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

降り口。このすぐ下が木の根と岩の階段もどき。結構怖い。

荒平天神09
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

階段の途中から入口の方面を。

荒平天神10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

階段の下から入口の方面を。
ちょっとした冒険って感じで楽しかった。

            撮影地:鹿児島県鹿屋市 2007/08/29

>> 2008/05/04 15:20
>家政人さん
初めまして、コメントありがとうございます。
なるほど、台風で社が破損するのでこのように修復されて新しい感じになってしまうんですね。それと満潮時は鳥居の四分の一くらいまで水が来るんですね。その時の状態も見たかったです。
その昔の状態の天神様も見てみたかったですね~

>> 2008/05/03 16:38
荒平天神のことで一言 生まれは荒平 その後東京、国民学校2・4・5年を荒平小学校へ 学校は高台にありました。
24の瞳の学校に似ていたと思う。天神様の鳥井のところは満潮時は水につかりますが柱の4分の一位まで。社は台風で荒れますので補修、塗装していると思います。昔はもっと松の木が美しく映えており 鹿屋市の海水浴場時代の夏場は茶店も2―3軒ありました。駅跡があるように鉄道があり楽しい写真も撮れていました。年寄りは田舎を美化しすぎるようです。終戦の年 大きな台風で被害を受け県道より海岸よりの家屋も3軒波にさらわれました。当時と今では海岸線の状況も違うでしょうが!

>> 2007/09/28 01:03
>☆MIYA☆さん
なかなかこの赤い鳥居と青の取り合わせがいい感じですよね。惹きつけれられます。私もそのようにして罠にはまりました(笑)
そうなんですよ、いったい潮が満ちるとどんな状態になるのかなってこれも見てみたかったなあ。
そして最上部にはやられました。どんでん返し?(笑)
まあ影だから見せることができるのです。実物なんか出たら画面崩壊します(怖)

>> 2007/09/26 23:59
下までずずぅぅっといって
見ようって思ったらぁぁぁ
この赤い鳥居と空に海ぃぃ そして奥の緑が
気になって止まってしまいましたぁぁ

砂浜の道の水 と~ってもキレイですねぇ(´∀`*)
満潮になると この島はどこまで水がくるのだろう
とか 波が荒れると どの様な姿になるのだろうとか。。。
色んな思いになりましたぁ

最上部。。確かに意表をつかれますねぇ

よ~かんさんの影が見れて 嬉しいなぁぁ
でしたぁぁ(〃▽〃)テヘッ

>> 2007/09/26 19:40
>akiさん
こんばんは、お久しぶりです♪
やっぱりこんなに見てしまうと行かずにはいられないですよね~♪
九州の海って少なくとも鹿児島、宮崎は素晴らしく透明度高いです。気に入ってもらえて嬉しいですよ♪
もし後のことを気にしなくていいのなら、そのまま飛び込んで遊びたいですね~

>ららさん
私が撮る水がきれいというよりは、きれいな場所だから撮っているという方が正しいかな・・・
たまたま見た風景に感動してそのままシャッターを切るという行き当たりばったり的な感じです。
多分水に入るとそのまま沈んでいきそうなので、水が得意な生物ではないと思いますよ、ご先祖は(笑)

>FSK-JPさん
こんばんは~♪
まあ写っているといっても影ですからね。っていうか、実物が写っていたらモニターが破壊されます(泣)

>そらさん
たまたま走っていて鳥居が目に付いて、思わず車を停めました。
そして水のきれいさにも驚きましたよ。家の近くではこうはいかないですからね~
満潮時にどうのっていうのはどこにも書いてなかったけど、なんとなく道は水に潜っている気がするので、多分満潮時には渡れなくなるかと。とすると鳥居だけ海面から出ているのかな? その光景も見てみたかったなあ。
影は間違いなく私です。違ったら誰の写真よ?ってなってしまいます(笑)

>ミューさん
桜島は出来たら噴火している場面に出逢ってみたいです。
噴火を望むということではなくて、噴火していたらその場に居合わせたいという意味です。
潮が満ちたら本当に沈むかどうかは分かりませんが、状況からしてそんな感じです。でももし満ちても陸までの距離が短いから濡れるのさえ気にしなければ帰れると思いますよ~
海の水はとてもきれいでした。

>polepoleさん
いやいや、↓でも書きましたけど、そんなに陸との距離がないので、何とでも帰れると思いますよ♪
ほんとに、ここでひなびた朽ちたお堂とか出てくれば百点満点だったんですけどねえ(笑)
残念ながら時間がメチャクチャ押していたんです。本当は寄っている暇もなかったんですが、ダメでした(笑)
結構自分の影を写すのってやるんですよね。これからも時々出てくると思いますよ。

>アースグリムさん
ほんと、この辺りの海はきれいでした。私の家の方の海なんかとは比べ物になりませんね~
ほんとですか? この道ドラマになっていたのですか? それじゃあかなり有名なところなんですかねえ。定点、楽しそうですね。確かにやってみたいかも。

>> 2007/09/26 03:09
>スズさん
こんばんは~♪
三枚目、お見苦しいところをお見せしまして(笑)
太陽が背にある時はどうしても自分の影が出来るので、普通は影を入れないで撮りますけど、たまにはワザと入れる時があります。
この神社は学問の神様が奉られています。スズさんの受験のことはこの時思い出したので、お祈りしておきました♪

>AYANさん
そうなんですよね、この時は時間が押していてかなりあせっていたんですが、この光景を見た時はもうダメでした(笑) きっとこれを逃せば二度と来ないかも?って感じだったし。ちょうど一番上の方で右に曲がっていてどうなっているのか分かんないのがツボだったんですよね~
そうそう、ひなびたお堂だったら完璧だったんですが・・・あのど派手な建物には驚きました(笑)
とにかくこの辺りは水がメチャクチャきれいです。後のことを考えなければ私も泳ぎたかったくらいですよ。
縦構図でシェ~にならないで何とか撮れないかな~

>ロココたえさん
鹿屋は確かに何かこれがある!っていうのがない(これは私の感覚なので…)ので、普通だったらあまり記憶に残らないのかなあ。
私は学生の頃は殆ど旅行とかってしたことがないです。二週間かけてって長かったんですね~ 佐多岬は数年前に私も行きました。何故か最南端の電話ボックスをやけに覚えています(笑)
私の写真の水がきれいなのは、まさにその場所がそういうきれいな場所だからです。もちろんロココたえさんもそういうところで撮ればそういう風に撮れますよ♪

>びーぐるさん
こういうところを一度見てしまうとやっぱり行かずにはおれませんでした(笑)
この先どうなっているんだろう? ってちょっとわくわくしましたよ~♪
最奥部がもうちょっとひなびた建物だったらよかったんだけどなあ。


☆これから出かけるので、お返事の続きはまた帰ってきてからさせていただきますね。よろしくです。

>> 2007/09/25 17:26
水の透明度が違いますね~
僕がたまに眺める海(新潟)ではこうはいきません

この道、昔ドラマの舞台になっていましたね。青い鳥
だったかな?ええ、昔のドラマです
もう少し南へ行くと南十字星が見えたはずですよ~

時間があったら定点撮影なんてのも面白いかも?って
地元の人でしか味わえない楽しみですね、きっと。

>> 2007/09/25 17:12
面白そうですね~
満潮になったら行くことも帰ることもできないのですか?
でもスリルあって楽しそうです。
もっと朽ち果てた神社かと思ったら火事で再建されたので真新しいのですね。

とてもいいところ! のんびりできましたか?
シェーのポーズ 映りこんでいますね。笑

>> 2007/09/24 23:05
今朝、NHKで桜島が映されてました。

ここは潮が満ちたら、道がなくなるのですね。
うかうかしてると帰れなくなりますね。
水が澄んでますね。
波紋がキラキラして綺麗です。

>> 2007/09/24 21:58
隠れ場って感じでいいなぁ~
こういう場所大好きです^^;
それに水がとってもきれいだし。。
満潮時になったら砂浜はなくなってしまうのかなぁ?
それも見てみたいです。

あーーーーよ~かんさん発見(*^.^*)
間違いなくよ~かんさんでチュネ?笑

>> 2007/09/24 20:16
こんばんわ^^
すばらしく良いところですね。 よ~かんさんが写ってる!!その写真が一番いいかもぁ~^^

>> 2007/09/24 20:16
よ~かんさんの撮る水、滝とか海とか
沼とかとてもきれい

水って魅力的で惹かれますよね

よ~かんさんの先祖はカエルか、亀か、アヒル?
泳げないららの先祖はカエルの置物です

>> 2007/09/24 10:48
おはようございます。
プチお久です。
時間限定やと行ってしまいたくなりそうですね。
ワクワクしそうな好奇心旺盛な私だと迷わず行きます(笑)
2枚目がお気に入りです♪
透明度高いですね、ここの海。
きれいな海と気持ちのいい空。
裸足になってチャプチャプとしていたいですね。

>> 2007/09/24 09:39
こういうロケーションに造られた
神社って時々ありますが、
とても興味深いですね!
少し冒険気分も味わえて最高です。(^^♪

>> 2007/09/24 05:51
鹿屋はやはり行っているはずなのですが
乗り物を乗り換えるだけで通過してしまったのかな?
↓のミューさんのコメですが
私達はバイトをして旅費をためて、行きは大坂から別府まで同じくフェリーでしたが帰りは博多から大坂まで
初飛行機に乗りました。
この飛行機いまだに覚えています。
2週間の一週旅行だったので
佐多岬なども行っています。
古いアルバム引っ張りだして眺めたくなりました。

よ~かんさんの水はいつも綺麗ですね。
海も川も滝も。
宮島の紅葉谷へ行って水を撮って来ようかと思っていますがこんなふうに撮れるかなー

>> 2007/09/24 01:47
あ~、こういうの見かけると気になりますよね。
私も入って行きたくなります(笑
この階段怖そうですが、行き着いたところにあるものは意外とハイカラだったんですね。
ちょっと、似合わん…ってつぶやきたくなるのはワタシだけでしょうか?(苦笑

水が透明で綺麗ですね。
泳ぎたくなりました^^

あ、3枚目は「しぇ~~っ」ですね(爆
いえいえ、こういう写真好きですよ♪

>> 2007/09/24 00:31
こんばんわ*
3枚目の影はよ~かんサンですね?!笑
なんかいいですね!!
隠れた名所って感じがします^ω^
学問の神様の神社なんですか?!
合格祈願に行かなければ・・・!!笑









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/180-4a879660

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。