09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/08/30//Wed * 01:29
●○桜島

桜島01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

桜島。大好きな山です。
毎年九州に来ると必ず見に行きます。島を一周するのもいい
のですが、こうやって離れたところから見るのが好きです。
目の前は錦江湾。その向こうに桜島。何故かいつまでも見て
いても飽きないんですよねえ。
本当は星が背景の写真を撮りたかったのですが、曇っていて
全く星は見えず、桜島は噴煙と雲を被っていて全然頭が見え
ませんでした。
その代わり、雷が脇役を買って出てくれました♪

本当は網目のような美しい雷が何回も光ったのですが、残念
なことに全てタイミングが合わず、まともに写ったのはこれ
一枚きりでした。しかもこの雷のおかげで露光が大変難しく、
何回も失敗。そして、写真のような雷とこの明るさの風景を
同時に表現することは不可能でしたので、二枚の画像を多重
露出処理してます。約10分の露光。これ以上は背景の鹿児島
市街の明かりと雷の光のせいで真っ白に・・・
ちなみに落雷は一度もなく、雲の間を走る雷だったため花火
を見るような感覚で楽しめました。

この日の昼間は島内を一周して来たので、以下その写真を。

桜島02
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

大隈半島側からは車でそのまま島内に入れます。薩摩半島側
からだとフェリーを使わないと行けません。
島内に入るといきなりこんな看板が。活火山のふもとにいる
んだなあって改めて気が付かされます。

桜島03
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

桜島04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

桜島05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

島内から見える桜島。
島内は前半、ちょっと観光地っぽい感じで、道路もよく整備
された状態がフェリー乗り場まで続きます。家も学校も病院
もちゃんとあるし、道の駅まであります。

桜島06
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

フェリー乗り場を過ぎるといきなりひなびた漁村状態になり、
ここからずっとそんな感じ。こっち側の方が断然好き。
以下の写真からはモノクロちっくで。

桜島07
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

こんな待避所がいたる所に。活火山っていうことをここでも
感じさせます。

桜島09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

桜島08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

ここでも火山の脅威を感じさせる場面。
上の写真は手前は川のようですが、水はなく、河床は溶岩の
流れがそのまま固まったような感じです。

桜島10
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

これは結構有名らしく、観光客は必ず止まって見て行きます。
「埋没鳥居」。大噴火で埋まってしまった鳥居です。
このすぐ裏が中学校と繋がっているため、なんだか妙です。

と、こんな感じです。
本当はよく晴れた中、どーんと構える山を離れたところから
撮りたかったのですが、今回は実現出来ませんでした。
また機会があったらですね・・・

  撮影地:一枚目/鹿児島県垂水市、それ以外/鹿児島市 2006/08/27

>> 2006/09/07 21:35
>kenyjwさん
初めまして、コメントありがとうございます~♪
写真をお褒めいただき、とてもうれしいです。感性がいいのかどうかはちょっとアレなんですけど(笑)
よろしければまた来てもらえれば嬉しいです。こちらも後ほどお邪魔させていただきますね。

>> 2006/09/07 08:15
はじめまして。履歴から飛んできました。m(_ _)m
どの写真もいい雰囲気を出していますね。よ~かんさんは感性が良い(変な日本語ですが)と思います。
またお邪魔させてください。

>> 2006/09/03 23:47
>ジローさん
ありがとうございます♪
稲妻は本当はもっと網目みたいのが何回も光ったのに、残念ながらその時はノイズリダクション処理中(笑)ちょっとしょぼいのが惜しいです。
モノクロは最後の写真だけはそうしようと決めてました。その他のヤツはなんとなく・・・

>> 2006/09/03 23:34
桜島とイナズマの写真良いですね。
桜島の島内は、火山灰でモノクロの世界ですよね。

>> 2006/09/02 01:17
>ちびこさん
そうなんです。でも高速で軽による制限を感じたことはないですよ。しかも普通車より料金安いし♪だいたい時速110~120㎞くらいですかねえ。なんせメーターが140までしかないもんで(笑)
確かに知らないってことはいいかも・・・高速は知ってる途中で壊れるかも?なんて思ってたら怖くて走れないですからね(笑)

長時間露出は好きなんです。自分で思ってみない光景を写すことがあるので、それが楽しみなんです。

>> 2006/09/01 13:09
なんと!軽自動車なんですね!
高速もちょっと制限がありそうですね・・・。
でも130くらい出してたり?!(^^)
私が千葉まで帰ったときのワゴン車は、去年ディーラーで「廃車です」と言われました。
そのとき「よく千葉まで行ったよな・・・。【知らない】ってことも、たまにはいいのかも・・・」なんて思いました。
今の車ではまだ千葉に行ったことがないので、ある意味楽しみです。

1枚目の写真、10分も開きっぱなしにしていたのですね。
お見事です。

>> 2006/09/01 03:30
>れみりさん
ほんと、大きな山ですね~
れみりさん自身も鹿児島には何度も行っているのですか?いい所ですよね。喰い物も旨いし、とてもゆったりとした雰囲気だし。芋焼酎もいいですね♪鹿児島には好きがたくさんありますが、その中でも一番が桜島なんです。

>ちびこさん
ありがとうございます♪
一枚目の写真はかなり試行錯誤したので、そういってもらえれば大成功です♪10分程度シャッターを開きっぱなしにしたおかげで、雲の流れがかなりいい感じになりました。

車です。やっぱり向うに行った時、車がないと何も出来ないので、必ず車で行きます。レンタカーはなんか嫌なんです。ちびこさんの実家は千葉でしたか!殆ど私と似てますね。私の場合、宮崎→神奈川なんで・・・だいたい平均18時間くらいです。いつも睡魔との闘いです(笑)しかしご主人、すごいですねえ。殆ど寝ずに高速を走るって。

ありがとうございます、無事に帰って来れました♪

>アレッサさん
ただいま戻りました~♪
車ってことに驚きましたか?もっと驚かせてあげましょう。軽自動車です、パジェロミニです(笑)
写真撮りにどこかへ出かける時にはいつも一緒のかけがえのない相棒なんですよ。
なんか本当に旅行記みたいになってますね(笑)本当はこんな風にするつもりなかったんだけど・・・
面白いって言ってもらえてホッとしてます・・・

>> 2006/08/31 22:12
お帰りなさ~い!

九州までは飛行機なのかと思っていました。 だからビックリ!!  
桜島の写真は 本当にスゴイです♪
その他、旅行写真記みたいで楽しかった。 お疲れ様~。 ちょっとは ゆっくりしないと夏バテひどくなりますよ。

>> 2006/08/31 20:46
うわぁ!
なんだろうこの圧倒的な奥行きというか、広がり感というか・・・。
1枚目の写真にしばらく見とれてしまいました・・・。

やっぱり車での移動だったんですね~。
私も千葉の実家に帰るときは長崎県から車です。
合計16時間。
高速道路は夫が寝ずで運転し、地元で一般道に降りてからは私が運転します。
緊張感から開放された夫は、助手席で爆睡ですが。(^^;)
おつかれさまでした。
無事に帰宅されてなによりです♪

>> 2006/08/31 18:47
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2006/08/31 18:46
こんばんは
お久しぶりです^^
桜島だわぁぁぁぁ♪
父の故郷が鹿児島で昔から鹿児島の食べ物とか
よく食べてるので 親しみを感じます
芋焼酎もすきですぅ

いろんな意味で大きな山ですね

>> 2006/08/31 08:20
只今九州から戻りました。コメント遅くなって本当にごめんなさい・・・
寝ないで運転してきたので眠くてどうしようもありません。これから気絶します・・・

>蒼ノ心さん
ありがとうございます♪
今回初めて雷を撮る機会に遭遇したのですが、夜間の雷だけを撮るのであれば、雷が光るまでバルブを開きっぱなしにして光ったら閉じるって手が使えるので、そんなにシビアじゃないかもです。まあこんなこと言ってますが、素晴らしい稲妻を全て逃しているんですけど(笑)
修学旅行、九州に行かれているんですね。私なんか山口県です・・・
九州には弟が住んでるので、かなり融通が利くんですよ。鹿児島にも友達がいるし。しかし本当にいいところですね。食べ物も旨いし安いし。自然いっぱいだし。何回行っても飽きないんです。

>babathegiantさん
ありがとうございます♪
今回初めて雷を撮る機会を得たんですが、長い時間に渡って何回も光ったのでいろいろ試行錯誤が出来ました。それで分かったことが、今回に限ってかもしれないんですが、バルブ中に雷が二回光ってしまうともう稲妻の姿は撮れず明るいだけになり、一回光った時点でバルブを閉じると雷の姿だけ映り、風景は殆ど真っ暗になりました。この時点で両立が出来ないと思い、多重露出を思いついたんです。どのみちKissではソフトで合成するしかないので、構図を固定してひたすらいろんなパターンを撮ってデータを作りました。

鳥居は確かに立ち止まってしまいますね~

>びーぐるさん
ありがとうございます♪
最初の目論見では雲の流れで幻想的な写真を作ることだったんですが、雷が本当にいい時に・・・運が良かったです。もっとすごい稲光が何回かあったのに撮れなかったのがすごく残念だったのですが・・・

>そらさん
そらさんは北の方に住んでるのですか?
もし機会があったらぜひ見て欲しいです。特に噴煙を上げている時がすごく好きなんです。私の場合、海を挟んで一日中眺めていてもいいです。今回は晴れている時の写真が撮れなかったのが残念だったのですが。

鳥居はほんと、不思議な感じですね。まだ埋まる前はこの下に普通の空間があったことを考えると余計不思議な感じです。

>> 2006/08/30 12:36
こんにちは。。

1枚目の写真、桜島といい、雷といい、綺麗ですね^^
私は思いっきり北に住んでるのでテレビでしか
桜島は見たことがないの。
一度実際に行って見て来たいな☆

鳥居・・本当に不思議な感じ・・・


>> 2006/08/30 11:41
一枚目とても幻想的な写真ですね、雷が面白いです。

>> 2006/08/30 10:29
こんにちは。
一枚目の雷が写り込んだ桜島すごいですね。
多重露光かなるほど~、なんて見ていましたけど、
多重露光処理をしてみようかなんて言うのは
撮影中に考えつくのですか?
私は撮影に夢中で色々なことを忘れてしまいます。

最後の写真の鳥居の前に行ったら私も立ち止まってしまいますね。

>> 2006/08/30 10:12
一瞬の雷を捉えるのは難しそう^^;
でも綺麗な写真ですよ~♪
桜島、高校の修学旅行で見てそれっきり(笑)
九州、毎年訪れていらっしゃるんですかぁ。
うちの父の生まれが熊本ですが、もう祖父母もいないので
行く機会がなくって。
九州での写真をあれこれ拝見して、また行きたくなりました^^










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/18-7f5660af

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。