08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/09/07//Fri * 02:38
●○鹿目の滝

鹿目の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

かなめのたき。雄滝(落差36m)、雌滝(落差30m)、平滝(落差?m)
の三つの滝の総称で、日本の滝100選のうちの一つ。

九州に入って一番最初に見た滝です。
三つの滝から成るので、見た順にUPします。最初は平滝。

鹿目の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

九州道を人吉ICで降り、この滝へ向かって車を走らせると、最初
に雄滝への入口がありますが、駐車場がありません。
仕方なくもう少し上へ行くと駐車スペースがあり、そこに車を停
めます。ここから遊歩道を少し降りると平滝があります。

鹿目の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

遊歩道からだと木の茂みに隠れて殆ど見えません。最初は戸惑い
ましたが、よく辺りを見回すと遊歩道の手摺の向こうに踏み跡が。
手摺を乗り越えて降りて行くと滝壺まで行けました。

鹿目の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

面白い形をしています。高さは10mもなさそうで、スロープ状に
なった変な形の岩を滑り落ちている感じ。
滝壺まで行くと18㎜では全然全景が入らないので10-22㎜で。

一旦道路まで戻って少し歩いて下り、雄滝の入口から遊歩道を降
りて行きます。これが結構降りる。なんで滝ってこうやって降り
ていくことが多いんだろう?帰りが嫌なんですよね。

鹿目の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

数分降りて橋を渡り、河原のようになっている所を進んで行くと
雄滝が。滝壺のすぐ近くまで行けます。

鹿目の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

岩の形状といい、真っ直ぐ落ちる滝といい素晴らしいです。
多分知らないでこの滝しか見て行かない方は多いんじゃないかと。

鹿目の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

この迫るような岩肌が本当に素晴らしいです。この迫力を写真で
表現することは出来ませんでした・・・
ちなみにこの雄滝を撮り始めた時が正午で、段々逆光で条件が悪
くなってきて撮り難くなっていきました。多分午前中がいいんだ
ろうなあ。撮影の間、二、三組の観光客が訪れていました。

さて、残るは雌滝。
実は平滝の駐車場にあった看板以外、雌滝を指し示すものが見つ
からず、ちょっと戸惑いました。その看板だと雄滝に向かって左
側の方に雌滝はあるようですが、いざ雄滝に来ると、雌滝の標識
とか一切ありません。なんでだろ?
とにかく雄滝に向かって左側の方にあるらしいので、探すことに
しました。左手に東屋?みたいなものがあり、その更に左手には
沢らしきものがあります。東屋?へ踏み入って行くと道はないけ
ど踏み跡らしきものがあるので、辿ってみました。
数分間、沢の左岸を遡っていくと、滝の音が。でも前方に見えて
きたのはかなりしょぼい滝。まさかこれが雌滝? と思って近づ
いて行くと・・・

鹿目の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

ちょっと感動してしまいました。
しょぼいと思っていたのは下段しか見えていなかったからで、奥
に上段があったんですね。水量が少ないんですが、雰囲気がとて
もいい。この三つの中の滝で唯一何かが棲んでいそうって思った
滝です。

鹿目の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝壺は水量の割りにはちゃんとしたものがありました。
これも近づくと18mmでは全景が入りません。でも10-22㎜にする
と全部は入るけど迫力がいまいちです。

鹿目の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

しかしこの滝へはかなり行き方が分かりにくい。
雄滝へは何組か来たのを見ましたが、雌滝は誰も来ませんでした。
でも指し示す標識がないので仕方ないかも・・・
何で標識をつけないんだろう? 素晴らしい滝なんだけどな。

やっと九州の滝の最初をUPです。。
まだ写真整理が出来ていないので、ゆっくりと続けて行きたいと
思います。滝ばっかりだけどたまにはなんか別のものも挟むので、
適当に付き合ってやってくださいな・・・

             撮影地:熊本県人吉市 2007/08/25

>> 2007/09/19 16:47
>☆MIYA☆さん
褒めすぎです・・でもありがとうございます♪
滝の場合は秘瀑といいますね。っていうかここの雌滝は全然そんなものじゃないですよ。何しろ駐車場の看板に位置は載っていますし、歩いてそんなにかからないですから。
最後から四番目はおっしゃるとおり飛沫です。
たいてい滝に近づくとこの飛沫がネックになります。とにかくレンズを拭いてすぐ撮ってまた拭いての繰り返しです。まあこれどころじゃなく、雨?ってほど酷い場合は一体どうやって撮ればいいんだよう?っていうのも。いい方法がないかなあ・・・
滝は写真じゃなく、実際に見るのはいいですよね。何か機会があったらいろいろ滝を実際に見に行ってください♪ 癒されますよ~

>> 2007/09/18 16:23
よ~かんさんの滝の写真は 
滝の音が聞こえるんですよねぇ
聞こえそうじゃなくて 聞こえるんですぅぅ♪
と~っても迫力ありますよぉぉ
カッコイイですぅ
秘湯じゃくて 秘滝?標識もない滝へたどり着く
よ~かんさんすごいですぅ

最後から4枚目の玉ボケって シブキが?ですかねぇ
水がかかるほどの勢いを 近くで撮ったってことですよねぇ

よ~かんさんの滝シリーズ。。。私も1度行ってみたいと思いますぅ

>> 2007/09/09 14:53
>ゆきぶーさん
今回九州で初めて見た滝です。
素晴らしかったですよ~ ただちょっと残念なのは滝壺付近にゴミが落ちていたこと。なんでこういうところにモノを捨てられるのかなあ・・・
私も九州に家族がいなかったら未だにこの地は踏んでいなかったでしょうね。とてもいいところですよ♪

>polepoleさん
ただいまです~♪
ハッキリ言って今回の旅は超ハードスケジュールでした・・・
あまりいろんな余韻を味わうヒマが一切なかったです・・・
目指せ!はとても100を回るのは無理だと思っているため、あえて宣言せずサイドバーにこっそり表示しておきました(笑)
ホント、滝のそばって何であんなに涼しくて気持ちがいいんでしょうね。実際に気温もかなり違うんですよね。

>きみかるさん
あれ?花火のコメント入れられませんでしたか? 壊れているのかな・・・もしそうならごめんなさいでした。
今回初めてって言うのもそうだったのだけど、何しろ花火を撮影する機会はとてつもなく低いので、事前にかなり情報を確認しておきました。今回全てF11で撮っています。少しでもバルブの秒数を稼ぐためです。レリーズは持っていませんが、リモコンがあります。シャッターを切るだけのシンプルなものだけど、優れているのがバルブ時には一度ボタンを押した時はシャッターが開いたままになり、もう一度押すと切れるようになっていることです。とても重宝しています。
100選は全部巡れるとはとても思えないけど、出来るだけ行ってみたいと思います。それぞれみんな個性があって出逢う度に感動しますよ♪

>アレッサさん
平滝、雄滝、雌滝の三つの総称を鹿目の滝といって、この三つで100選の対象です。雌滝の扱いが控え目で、あれだとこの滝の存在を知らないままの人がきっと多いと思います。ちなみに雌滝の上段、なんだか烏帽子をかぶった人が座っているような姿が見えませんか? ちょっとゾクッとしましたよ~
花火、ありがとうございます♪ 現地に着いて花火が上がったのを見た瞬間、今のレンズが失敗だったことに気がついたけどもうどうにもできなかったので、急遽風景と一緒に取り込む作戦に変更しました。

>ミューさん
そうなんです、それぞれとても個性的で素晴らしかったです。特に雌滝は道らしきものがなかったのと、最初下段の一部しか見えなくてしょぼく感じたのも手伝って、目の前に現れた時は感動しました♪
100選はとても全部は巡れないと思うので、宣言はせずこっそりとサイドバーにつけてます。行っている滝をクリックすると記事へ飛ぶようにしていますよ。
一体どこまで行けるのか自分でも楽しみです。ただ今回の九州でかなりの数を稼いだけど、これからはまた全然行けなくなります。いったい何年かかるんだか・・・

>スズさん
実はこの滝に着いて撮ろうと三脚をセットした途端、スコールのような大雨になったんです。仕方なく車へ避難して止むのを待ちました。そして止んだら雲は多かったけど青空になったんです。自分でもすごく気に入っています、ありがとう♪
雌滝は水の流れがとても繊細、雄滝は岩がとにかく面白かったですよ。もし九州に来ることがあれば、そしてこの辺りに来ることがあれば行ってみて下さい♪

>ロココたえさん
二枚目、ありがとうございます。滝によっては青空がとてもよく似合いますよね。私は大抵写すのが簡単な太陽が出ていない早朝とかに行くんですけど、こういう時のものもいいですね~
まあ目標というか、もっと緩い話ですよ。行けたら行くっていう感じの・・・(笑)
花火は・・今度は一体いつ撮りに行けるんだろう・・・

>びーぐるさん
私が滝を撮る時っていつも薄暗い時とかが多くて、早いシャッターで止められることは殆どないんですよね・・・なので自然スローばっかりになってしまって飽きやすいです。スローが合う滝なら問題ないのですけど・・・
こちらもこういう目標があれば日本全国が巡れるので、いいかもとは思います。気が遠くなるような話ですが・・・

>> 2007/09/08 20:02
スローシャッターの効果が絶大ですね。
居ながらにして色んな滝が見れるので
毎回楽しみです。(^^♪

>> 2007/09/08 05:03
本当2枚目の写真、好きです。
滝の形も面白いし、空のブルーととても良く合っていますね。
熊本ですか。
順番に滝のUPですか。
目標があると楽しいですね。
一緒に楽しませてもらいます。
先日のように花火の写真も時には入れて下さいな。

>> 2007/09/08 01:04
2枚目の空が一緒に写ってる写真好きです*
すごくいい天気だったんですね^^
雌滝、水は少量ですがいいですね。
少量だからこそいいのかも!!
雄滝も迫力があってその名の通り:)
私も将来見に行きたいです♪

>> 2007/09/07 23:48
それぞれ、名前に合っていますね。
雄滝は、勢いがよくて、岩肌が荒々しくて
雌滝は、緩やかで、緑に囲まれて
平滝は、落差の割りに、横幅が平たくて
面白いですね~。

滝百選、最後までお付き合いさせていただきます(*^-^)ニコ

>> 2007/09/07 23:28
三部構成の滝なんですね!
どれも素適です♪
平滝は面白いし、雌滝は 本当に何ともいえぬ優雅な感じが・・・そして雄滝の岩肌!!迫力ですね。

↓ 祝!!よ~かんさんの初の「花火」撮影~~!!
とっても綺麗に撮れているな~と思いました。
さすがです☆

>> 2007/09/07 21:57
花火の写真にコメをいれられなかった~~~。がんばられましたね。バルブでF値7~11ぐらいがいいのですが、すぐそう行動されるところはやっぱりすごい!!レリーズはつかわれてないのですか??

滝100選をみせていただけるのですね。
きみかるは、そういうところはもう行けないので
本当に楽しみにしています。
ケガされないように、フォトしてくださいね。

>> 2007/09/07 21:40
お帰りなさい!
九州は如何でしたでしょうか?
目指せ100選の滝ですね。現在9つ目ですか~~
すごい!

滝は涼しげでいいです!
明日は台風一過で猛暑となりそうですので こちらでマイナスイオンをいっぱい吸収させていただきました~~

>> 2007/09/07 20:56
雄滝には圧倒されましたー。
雌滝も、どれも見てみたいけど・・・
九州は遠いなぁ(*_*)
でもいつかは行ってみたーい!!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/171-af3e4f9b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。