03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/08/17//Fri * 16:04
●○棚下不動の滝

棚下不動の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

日本の滝100選のうちの一つ。
雄滝と雌滝があり、雄滝が100選になっているようです。
雄滝は落差37m。裏見の滝です。
正午の陽射しが滝に注ぎ込み、不思議な雰囲気でした。

関越道赤城ICからこの滝の駐車場まで20分かからない位です。
それでも車を走らせていると開けたところからどんどん山里の
ように、そして山の中と景色が変化していきます。

棚下不動の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

駐車場に車を停め、5分位坂を上ると棚下不動尊があります。
落石の危険とか、台風8号の影響のため滝壺へは近づくなとか、
一応制止の看板はありますが・・・
ここから約190段の石段の上りになります。

棚下不動の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

石段を登り鳥居を潜ると雄滝が。
写真では見えませんが、左手に不動尊の奥の院の建物が。
ここの裏の岩壁に不動尊が奉られています。

棚下不動の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

なんとなくしょぼそうなイメージを持っていたのですが、とん
でもない勘違いで、素晴らしい滝でした。
イメージとしてはものすごく大きい岩が、オーバーハングして
いてその先端から水が落ちている感じです。
この日行った常布の滝は全く自然の中にある滝でしたが、この
滝は正反対で、不動尊と一体になって荘厳な雰囲気を出してい
ます。

棚下不動の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

前述したようにオーバーハングしているので、裏からも滝を見
ることが可能です。すごく大きく抉れているのですが、裏から
滝を見ると滝の音も一体になってとても怖い感じがします。
それに今にも岩が落ちてきそうで本当に怖いです。落ち着いて
撮れないくらい・・・

棚下不動の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

実際に崩落もあったようです。
制止看板には落石のため滝つぼへは行くなと書いてありました
が、それよりもなんで裏へ行くなって書いていないのかとても
不思議です。どう考えてもそっちの方が危険な気がします。

棚下不動の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

周りの景観と一体化した光景は素晴らしいです。ただ勿体無い
なあって思うのは、裏から見たときに前方に見える堤みたいな
ものがとても無粋です。
ここは滝修行の場にもなっているようです。この日も修験者の
ようの方が一名、お参りに来られていました。ついでに言うと
その他にもう一人来ただけで、後は誰にも会いませんでした。
同じ日に行ったもう一つの100選の常布の滝なんか誰一人にも
会わなかったし、みんなこうならいいのになあ。

棚下不動の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

棚下不動の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝壺の周辺には小さな像が安置されたりしています。
背景の柵の向こうへ行けば裏から見ることができます。
ここで滝に打たれたら痛いんだろうな・・・

棚下不動の滝10
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

今来た階段を引き返し、駐車場まで戻ります。
そうすると途中で遠くで落ちる雌滝(落差40m)を見ることができ
ます。ちょっと遠くてなんだか分かんないでしょう?

棚下不動の滝11
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

滝の部分をズームしました。
とても面白い造形です。出来たら近くに行ってみたいけどどうも
道がないようです。水は少ない。
行きには歩く方向のせいで分からず、帰りに発見するというのが
面白いです。

滝ばかり載せてますが、これで草津の旅、終りです。
本当はもう一つ行ってみたい滝があったんですが、道が分からな
くて断念しました。
棚下不動の滝は旧赤城村だったのですが、合併して渋川市になり
ました。つまらない名前になってしまったな・・・

            撮影地:群馬県渋川市 2007/08/10

>> 2007/08/22 00:22
>びーぐるさん
滝自体というより、岩の光景自体がとても凄みがありますね。奇景とでもいうのでしょうか。
行くのはかなり楽な滝です。機会があったらぜひどうぞ~♪

>☆MIYA☆さん
水量は多くはないと思います。でもこの滝は水量もこれくらいがちょうどいい感じだと思います。
滝の水自体が光のカーテンのようで、それに更に斜めに光が射し込んで不思議な光景になりました。
裏側は本当に怖かったです。上からの圧力が・・・
それと奥の院の上は網のようなもので落石をガードしているのですが、網にはたくさん石が引っかかってました・・・

>> 2007/08/21 15:19
光が滝に射し込んでキレイですねぇ♪
水量が少なめなのかなぁ。。。
滝から落ちる水が 霧のようにも見えて
とっても幻想的ですぅ(*´ェ`*)ポッ

裏から撮ったのは
よ~かんさんの文章を読みながらなので
うぉぉぉぉっと すんごくスリルを感じてしまいましたぁぁ

>> 2007/08/21 08:32
この滝は凄みがある感じですね。
とても行く気力はないので、
写真で楽しませていただいてます。

>> 2007/08/20 22:27
>やっく君
まだ全然始まったばっかりだし、それにまだいまいち決意は固まっていないです(笑) なので宣言しないでそっと(笑)
ええ、御来光の滝。100選の中で最も行くのが大変といわれている滝の一つですな。そのことで情報についてお願いをこちらからしようと思っていたのですよ。いざ行く時には是非よろしく~♪

>真琴さん
お久しぶりです♪ 真琴さんこそ、お身体は大丈夫でしょうか?
滝は実際にそこへ行っても涼しいし、写真でも涼しい気分を少しでも分けられるからいいですよね~
100選はまだ思いつきの段階です。ちょっととても行けそうもないものも幾つもあるので未だに宣言に躊躇しています。でもこれを目標にすれば日本全国行くことになるっていうのはいいなあって思っています♪

>アースグリムさん
そんなことはないですよ~
たまたま連続しただけなんです。
でもこれからは少しどこへ行くにも意識して行こうかとは思っています。それに全部は無理でも目標にすれば自然と日本全国に行くことになりますよね♪
10-22㎜は確かに滝との距離が近くても全景を写せたりして便利なんですが、やっぱり17,8㎜~の方が実用的だと思います。
まだ長野県の滝は全く行っていないです。三本滝、気軽に見られるってのは本当は一番です♪ありがとうございます。っていうか本当に自分の家から近くばかり。この前の草津が一番遠かったです(笑)
それでは今度は是非この滝を見に行ってみて下さい。せっかくなので常布の滝もセットで♪

>> 2007/08/20 13:45
このところ100選制覇に向け精力的ですね!
スローシャッターで撮ると水がホント光のシャワー
みたい♪10-22mmを上手に使っていらっしゃいます
ね~僕は何か広角すぎて17-50mmばかり重宝してます

実はこの滝、昨日出かけるつもりだったのですが
妻の要望(白濁の湯に入りたいという・・)で急
に違う滝を眺めることとなりました。よ~かんさん
はまだでしょうか?長野県乗鞍の三本滝です
気軽に見れる滝ですが、まぁお勧めですよー

>> 2007/08/20 07:14
よ~かんさん・・どうもおひさしぶりです。
お元気ですか?残暑厳しくてやんなっちゃうね
でもここに来たら涼しげな滝の写真が迎えてくれて
きれーって思いました。
水の流れが細い細かな糸のようできれいですね
なんとめざせ日本の滝100選・・まわってるんですか?
すごいなぁ・・。何年かかっても回りきれたら
素敵ですね。

>> 2007/08/20 02:11
順調に100選制覇進んでますね。
うちの県には2つあるので、時間がある時に下見しておきます。
かなりの難関のようですのでガイド出来る位には・・・^^;
お待ちしてますよー。

>> 2007/08/19 23:35
>polepoleさん
ここは落石の危険以外は行くのは全く楽な滝です。
もし機会があったらぜひ見て欲しいですね。何か不思議な感覚にとらわれるかと思いますよ。ちゃんと不動尊とも溶け込んでいて、全部で一つっていう感じです。

>きみかるさん
時間帯が非常によかったらしく、とても素晴らしい光景になりました♪
群馬県は多分まともに立ち寄ったのは初めてかも?
きっと統合されることによって村にとってはメリットが大きいのでしょう。私たち部外者がそのことについて口を出せることはないですけど、やっぱり今まであった名前が消えてしまうのは寂しいと思います。

>アレッサさん
いやいや、滝は全くもって苦手な分野です。
見るのはすごく好きなんですが、あまりにも条件に左右されてしまって、いまだに自分なりの撮り方を見出せないでいます。まあ挑戦していくうちに少しは見られたものになって行くことを祈ります(笑)
神奈川県でも津久井町とかが相模原市に合併された時はとても寂しかったですね。相模原市の山奥っていうイメージが全然わかないんです。

>> 2007/08/19 13:46
「滝」も すっかり よ~かんさんの得意分野ですね!!
本当ですね、陽射しがさしこんで とっても不思議な雰囲気になって・・・水の流れというよりも オーガンジーの布が被せてあるような感じに写っていますね!
「赤城の山も今宵かぎり・・・」という 何となく歴史感もある地名だったから 残念ですね。

>> 2007/08/18 20:21
今回の滝は、光りのシャワーのようで、神々しいものを感じます。
群馬県は夏暑く、冬寒いところです。研修でよく行ったので・・・
村がなくなって、何かよくなることってあるのでしょうか。

>> 2007/08/18 10:00
落石の危険もものともせず 200段近い階段を登られた甲斐があったというものですね~
涼しさが画面から漂ってきます。

滝はいつ見ても涼しげでマイナスイオンいっぱいでいいですね~

ありがとうございました~

>> 2007/08/18 08:52
>ミューさん
ここに着いたのが正午過ぎだったのですが、ちょうどいい時間でした。木漏れ日が滝の水に反射して素晴らしかったです。
群馬県は暑いです。ここもそんなに涼しくはなかったですよ。ただ滝の周りだけは温度が若干低いのですけど。やっぱり人がいないところがいいです。そして、統合はやっぱりよくないですね。なんかこう味気なくなってしまう気がして。

>AYANさん
おはようございます♪
今回の草津行きは滝目的だったので連続しました。実はまだ他に滝の在庫(草津ではなく)がありまして、どうしようかと思っていたりして・・・速く上げないとどんどん季節からずれてしまうし。
ラストから四枚目、よく気がついてくれました♪ 実は最後までこの写真をトップにしようかと悩んだ程お気に入りだったんですよ~
この滝とその周辺は岩山に木が生えているような景観で、この滝自身もとにかく巨大な岩がど~んとあって、その軒下に不動尊が奉られている感じです。その岩から落ちている滝は本当に素晴らしかったですよ。
この日行ったものが全部登りだったんで、正直この石段にはうんざりでした(笑)
そうそう、○○村とかって市になっても全然合わないし、すごく妙な感じになってしまいますよね。何より今まであった趣が台無しになってしまうと思います。合併はなんか好きじゃないです・・・

>> 2007/08/17 19:34
こんばんは

連日滝の写真で涼しさを頂いています^^
光が差していい雰囲気ですね~
ラストから4枚目の撮り方、新鮮で好きです。
5枚目はオーバーハングしているのがよくわかります、かっこいいですね~、行ってみたいな・・・

これだけ素晴らしい滝に出会えたなら、190段の石段登りの疲れも吹き飛びますね♪

私が住んでいるところも、合併して「村」から一気に「市」になりました。
めっちゃ寂れたところで、「市」なんて全然似合わないとこなのに(苦笑

>> 2007/08/17 18:44
差し込んだ筋状の光がきれいですね。
群馬県は暑いところなのですね~。
こういう場所はそれほど暑くはないと思いますが、連日のニュースでよく耳にしました。
人の少ないところ、いいですね~。
どこもかしこも市になって、知られた村がなくなるのは、感心しませんね~。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/165-41f544f9

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。