08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/08/14//Tue * 12:41
●○常布の滝

常布の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

日本の滝100選のうちの一つ。
草津の山奥の不気味な模様の崖から落ちる素晴らしい滝です。

草津に来た目的がこの滝です。
数年前までは秘瀑中の秘瀑と云われていたそうで、滝へ行くの
がとんでもない難易度で、一般の人は遠くから展望できるのみ
だったようです。最近は滝壺までの遊歩道が整備され、私のよ
うな重人でも近くで見られるようになったのは、本当に有難い
ことでした。

あ、遊歩道が整備などと書きましたが「いったいどこが遊歩道
なんじゃい!」とツッコミが入りますが(笑)

草津温泉から、芳ヶ平というところへ行く登山道の途中にこの
滝へ行く道の分岐があります。その手前にこの滝を展望できる
場所があり、ここまでは比較的簡単に行くことができます。

常布の滝02
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

展望台から。200mmの望遠で撮ってこの大きさ。しかも上半分し
か見えません。ちなみに落差はこの展望台へ行く標識に70mって
書いてありましたが、正直そんなに高くは感じません。
でもじゃあ一体どれくらいの落差なんだと調べても、30m、40m、
50m、35m等々、バラバラでどれが本当なんだか分かりません。

ここから少し戻って芳ヶ平へ向かい、5分ほどで滝遊歩道入口。
ここから谷へ向かってずっと下り後半はずっと上り。ハッキリ
いいまして後半なんか特に道といえるシロモノじゃない。目印
に細いロープが張っていなければきっと迷いそうです。

常布の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

最後は少しロープを頼りに下り、赤い色をした不気味な流れを
越えて滝へ到着。

常布の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

遊歩道入口からだいたい30分くらい。最初はいつまで下るんだ
よう?って思い、後半は一体いつまで登るんだよう?って感じ。
でもこの滝を目の前にしてなんかいろいろ吹っ飛びました♪

常布の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

直瀑で見事ですが、何よりすごいのがこの周りの不気味な模様。

常布の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

常布の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

常布の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

温泉の成分とか何かいろいろな成分が岩盤から染み出してきて
不思議な模様を造っているようです。緑色のものは苔。
ところどころ油も染み出していてギラギラしていたりします。
滝に向かって左側が赤くて毒々しい感じなのですが、右の方へ
行くと緑色で爽やかな感じになるのが面白い。

畏怖を感じました。大自然の驚異ですね。

常布の滝09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

落口。

常布の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

中腹。

常布の滝11
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

滝壺。

常布の滝12
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝の左側にある鍾乳洞?&鍾乳石?
素晴らしい造形です。

※この遊歩道をもし歩こうとされるならこの季節でも長ズボン
 長袖は必須。途中にイラクサの群生の中を抜けるのできっと
 半袖なんかで行くと後悔します。あと滑りやすいし山の中腹
 の人一人分もない細い道なので、滑って転んだら確実に谷へ
 転がりますのでご注意を。まあとにかく気軽には考えない方
 がいいということです。入口の標識にも上級者コースって書
 いてあるし。まあそれは大袈裟だと思いますが。

         撮影地:群馬県吾妻郡草津町 2007/08/10

>> 2009/11/17 23:24
>しゃけさん
私はこの滝を写真で見て、いっぺんに行きたくなってしまったのですが、実物はそれ以上の感動でした。
すごい滝に出逢った時って、そう感じる時がありますよね。とそれだけのことを言うほど滝を見ている訳ではないんですけど(笑)

>> 2009/11/15 17:18
この滝も本当に素晴らしいですよね。
私は常布の滝を観た時に、これだけの滝を観てしまうと
今後はどんなに素晴らしい滝と出逢っても何の感動も
しなくなってしまうのではないか?と思ってしまった
くらいです。

>> 2007/08/17 16:43
>アースグリムさん
制覇という大袈裟なことは現段階ではとても考えられませんよ・・・
なんせ行くのにとんでもない滝がいくつも存在していますからね~(笑)
常布の滝は数年前だったら二枚目の遠望で済ますしかなかったと思いますが、今では行くとはとても楽になりました♪ アースグリムさんも是非見に行ってみて下さい。アプローチの仕方が分からなければ聞いてくださいね。
私も似たり寄ったりです。まだ二桁にさえなってません(笑)
七ツ釜五段の滝は二年前に見ていますが、ちゃんと写真を撮っていないので私も今年の秋に行こうと思っています。もし紅葉の季節に行くのならちょっと覚悟を。人で渋滞しますので(笑)
それとこの滝まで行くのには全10kmの工程のうち半分まで行かないと辿り着けないです。でもまあ一部ちょっときついところがありますが、基本的には普通の歩きですので、がんばってください!
私もアースグリムさんの滝を楽しみにしています。お互いゆっくりがんばりましょう♪

>びーぐるさん
本当に草津温泉からそんなに離れていない場所とは思えないですよ~♪
この岩壁、近くで見てみるといろんなものが滲み出ていて結構気持ち悪いです。鉱毒とか温泉の成分とかいろんなものらしいのですが。

>takakoさん
ここは標高が2000m近いだけあって、下界よりは全然涼しかったですよ。それでもきつい歩きをしたので汗だらけだったですが・・・
少しでも涼しさを感じてもらえて嬉しいです♪

>そらさん
そんなに大変っていう程ではないのですよ。大変で言ったら以前載せた早戸大滝の方が全然大変でした。
100選に入っている滝は、今まで見た分だけですが、やっぱりそれなりの理由があるって分かりますよ。やっぱりすごいです。
本当に毎日暑いですよね・・・今日なんかこちらは朝から30度でした・・・

>きみかるさん
どうなんでしょう? 私はキヤノン以外のデジカメは使ったことないので・・・それと比較とかにあまり興味はないんですよね。
私の写真は撮ってきたものをなるべく自分が見てきた色合いを思い出してそれに近づけようと試行錯誤している写真です。
滝の写真はこれからも多くなりますので、ご容赦を(笑)
今回はそんなに危険なところっていう程ではなかったですよ。ちなみに私の欲求は写真を撮りたい!ではなくていろんな景色や現象を見たい!なんです。自分が見たいと思ったものに対してはしつこいです(笑)

>akiさん
こんにちは~♪
そうそう、この滝の最大の特徴、この壁の模様の面白さなんですよね。
滝壺ありがとうございます♪ ハッキリ言って自分でも涼しさを感じます(笑)
暑い中精神的に参ることがあると余計に堪えますよね。この滝でほんの少しでもakiさんの癒しになったら嬉しいなあ♪ ほんと、滝は不思議です。ただ単に水が落ちているだけってだけなのになんでなんでしょう。
ここまで行くのは車も人もちょっとだけ大変でした。
ただ暑さは、なにせ朝の5時半に滝壺について、7時前には後にしているので、意外と涼しかったですよ~♪
っていうかバテますよね、この暑さは・・・

>> 2007/08/17 15:08
こんにちは♪

岩盤もいろんな色がでてておもしろいですね。

ここんとこずっと暑くて、私の中のHIT賞はなんていったって、滝つぼのPHOTOであります。
涼しさをめっちゃ感じます。そしてマイナスイオンも。お盆はゆっくりしたのですが、精神的にまいることが多くて、滝のPHOTOはどれも心落着かせるものばかりでよかったです。滝はいいですね。。

ここまで行かれるには大変だったでしょ?
暑いし。。。
私は久々に外へ出たら、ばてました~。

>> 2007/08/16 12:04
よーかんさんの写真の色合いはいつもいいですね。この色具合、きみかる好みなんですが、これもキャノンの特徴なんでしょうか・・・

滝を多くとっていらっしゃいますが、よ~かんさん、いつも危険なところにいかれて素敵な写真を撮ってこれられて、苦労の甲斐があるというものですね。

>> 2007/08/15 21:59
よくご無事で。。。
周りはすごく不気味な風景・・
その分滝は最高~!
100選に入ってるだけありますね^^

毎日異常なくらい暑いので涼しい気持ちにさせてもらいました^^
出来ることなら滝壺で水遊びしたーーい!



>> 2007/08/15 17:58
全国的に暑い暑いって言われてても涼しい場所があるんですねぇ~(^^)
写真を見てるだけでも涼しそう(*^_^*)

>> 2007/08/15 08:21
いかにも秘境の滝という雰囲気で、
周りの崖の色も凄みがありますねえ!!
貴重な写真を見せていただきました。(^^♪

>> 2007/08/15 05:06
またひとつ100選制覇に向けての階段を踏みしめられた様子で!
草津の奥地は神業としか言いようがない、そう聞いていたので拝見した
瞬間目を疑いましたが、なるほど、それでも整備されてきたのですね
長野在住なので、紅葉の季節にでも挑戦してみたいと思います
僕はまだ長野を制覇(といっても3つです)と新潟を2つと・・まだまだ先が見えない感じ
今年是非見てみたいのが山梨にある七ツ釜五段の滝です
ここもハイキングコースになってはいるもののちょっとした体力勝負とか?
長野の田立の滝でも6時間ほど歩いて、ほとほと疲れた経験もあるだけに
デスクワークしている人間には厳しそう(苦笑)
貴重な一枚を冷房が効いている部屋で拝見できる、何とも幸せなことです
ありがとうございます!

>> 2007/08/14 22:47
>polepoleさん
そんなにすごい大変って訳じゃないんですよ。ただ家から草津までは遠いので、ちょっと大袈裟に書きすぎたかな・・・もちろん楽な道ではないですが。
PCの前で簡単にみなさんに楽しんでもらいたいから、載せているのです。もう見て少しでも楽しんでもらえたら嬉しいですよ♪
でもこの滝は本当に素晴らしかったです。

>ミューさん
そんなに大変なところではないですよ。時間にして歩いてもたかが40分程度ですし。
ただ私は重い人なので登りには大変弱いのです(笑)
この滝の景観はちょっと他にはないんじゃないかって思いますよ♪
そうそう、100選、読まれていたんですね。さすがに100選の制覇は出来ないだろうと思って宣言は避けてこっそりとサイドバーに出していたんですが(笑) 先は長い・・・

>TAKAさん
数年前はとんでもない秘境だったらしいですが、今では入口から30分もあれば行けるようなところですからね~ この滝よりも何倍もとんでもない100選の滝も幾つもあるんですよ。それこそどうしよう?って感じです(笑)
滝は本当に素晴らしかったです。絵になるようなっていうのはこのことをいうんじゃないでしょうか。

>> 2007/08/14 22:29
なんか凄いところまで行ってきたんですね。
でも、滝にたどり着いたときは、
とても感動したんじゃないでしょうか。
この滝の姿も期待を全然裏切らないもので、
とても素晴らしいです。
さすが、100選です。

>> 2007/08/14 21:42
百選の滝、達成に一つ近づかれましたね。
滝の壁が他所の滝とはずいぶん違いますね。
ここに辿り着くのは並大抵ではないようですね。
滝を見上げられた時には、気持ちよかったでしょうね。
苦労無く見せて頂いて、ありがとうございます。



>> 2007/08/14 17:47
ご苦労をされて滝まで行っていらしたのでしょうが そのご苦労もこの滝をみれば 消えてしまうというものですね。
とても面白い景観ですね。
いろんな色が染み出していて・・・
pcの前で 簡単に見せていただいてしまって申し訳ないような気がします。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/164-49e24a49

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。