07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/07/07//Sat * 23:57
●○早戸大滝

早戸大滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

神奈川の山奥深く、霧を纏った幻の滝が、ちょっとした冒険を
してきた者を静かに待っていました。

日本の滝100選に選ばれた滝が神奈川県には二つあり、その内
の一つは山北町にある「洒水の滝」という滝で、これはささや
かな観光地化をしており容易に見ることができますが(※現在
は崩落のため近くには行けませんが)、問題はもう一つの滝。
運よく車で行けるところまで行けたとしても、そこから徒歩で
一時間半前後、急な登りを登り、細い山の中腹を辿り、後半は
道がない沢を目印を頼りに遡行しないと辿り着けないところに
あります。滝までの道のりは一般人でいう整備は全くされてい
ません。

早戸大滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

名前を「早戸大滝」といい、落差50mあります。上部の途中に
左側から岩盤が張り出し落水を隠していて途中が見えないため、
幻の滝ともいわれています。
せっかく神奈川にある日本100選の滝を神奈川県民である私が
見ていないのはなんだか悔しいので、ずっと行ってみたかった
滝だったのです。

早戸大滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ところが色々と調べてみると、滝に辿り着くのは困難、一人で
は行ってはいけない等々…否定的な話ばっかりで、しかもこん
な危険な話なのに一緒に行こうなんて人に声を掛けるわけにも
いかず悶々としてました。

早戸大滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

でも家から車止めまで一時間ちょっとと、近い場所にあるんで
余計に歯痒いんですよね。そんな訳である程度の装備を少しず
つ準備して、情報もジワジワ集め、ついに行って来ました!
もちろん一人で。

早戸大滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

雨上がりで、しかも天候は時々雨が落ちて来るような状態。
軽登山靴だと濡れた岩がツルツルに滑り、それに加えヤマビル
の猛攻。もうグタグタでした・・・

早戸大滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

早戸大滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

でもそんな中、私を出迎えてくれた大滝の素晴らしさには本当
に感動でした。霧のおかげでとても幻想的でしたし。
ただ、その霧のおかげで滝上部が中々姿を現さなかったり撮影
に支障をきたしたりして、あまりいい写真が撮れなかったのが
少々残念・・・
出来たら今度は天気がいいヒルがいない時期にもう一度挑戦を
するつもりです。

早戸大滝08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

これはおまけ。
大滝から少し流れてまた数mの滝になっているのですが、その
落ち口。ここを横切っていかないと大滝に近づけないようにな
っていて、結構それが怖い・・・

          撮影地:神奈川県相模原市 2007/06/26


>> 2007/07/14 14:47
>TAKAさん
素晴らしい滝でした。確かに霧とか飛沫でガード大変でしたよ。いつのまにかレンズに水滴がついていて何枚も水滴つき写真になってしまったし・・・カメラは帰ったらすぐに湿気がなさそうなところに出してあります。この滝から以来全然カメラに触っていないのですが・・・

>> 2007/07/11 22:06
マイナスイオンが、ガンガンに伝わってきますね~!でも、カメラは大丈夫でした?ミストで濡れちゃったら、後が大変じゃだったんじゃないですか?

>> 2007/07/11 00:22
>flower-adan.さん
ありがとうございます~♪
かなり疲れましたが、見ることができてよかったです。
道がないので本当に行けるのかどうか実際に行ってみるまで不安だらけでした。ちょっと反動があって、今のところ休みに外に出る気になれません(笑)
霧がかなり邪魔で撮影には困りましたが、滝を見ている時はそのおかげで素晴らしい光景になりました。無理して来てよかったなあって思ってます。
100選の滝はここも含めて、辿り着くまでにとんでもないところはまだあるようですよ~
flower-adan.さんの心に少しでも留まってもらえれば嬉しいです♪

>Ahsgrimmさん
お久しぶりです~♪ こちらこそご無沙汰しています。
仕事中にわざわざ見に来ていただいてありがとうございます♪
Ahsgrimmさんは100選を制覇したいとお考えなんですね。私も出来るなら是非やってみたいですが、かなり無理がありそうです・・・
この早戸大滝はたまたま家から近かったので挑戦する気になりましたが、遠かったら考え物の滝です。林道のゲートが開いていないとすごく歩く羽目になってしまうし・・・まあでも多分Webで調べた情報よりは難易度は低い気がします。もし機会があったら是非挑戦してくださいね。
景観は素晴らしかったです。ちょっと面白い形というか・・・秋になってヒルがいなくなったらまた行きたいと思っています♪

>renoさん
こんばんは~♪
霧が出ていたおかげで、この滝を含め遡行中はまさに深山幽谷っていう趣でした。苦労が報われる滝でしたよ♪
でもまああまりこういう危ないことは程々にしておきます。とはいっても登山者とかにとってはそんなにたいしたことのないレベルなんでしょうけど・・・

>FSK-JPさん
こんばんは~♪
一応怪我とかはなかったので無事でした。お心遣いありがとうございます♪
やっぱり私のレベルだとちょっときつい道中だったので、最後に車まで辿り着いた時は「もう二度と行かない!」とか思ってましたけど、もう今はまた行きたいとか思ってます(笑) でももうヒルが嫌なのでいない時期に・・・
FSK-JPさんが素朴って感じたのはきっと写真がちょっと雄大さを感じさせないせいだと思うんですが、実際落差50mの滝を真下から見上げた時の素晴らしさはこれはどうやっても写真では無理です。悔しいけど。
私もまだまだ他の滝を見てみたいので、梅雨が明けたら行きたいなあ。

>☆MIYA☆さん
この滝に関してはかなりの間行きたいと思って色々と調べていたんです。一番の原動力は神奈川県民なのに神奈川県の誇る滝を見られないなんて!っていうのなんです(笑)
実際滝まで行くのが大変だったこともあって、目の前にこの光景を見た時、戻ってきて車を運転している時、ちょっとウルウルしたりして(笑)
なのでやっぱりいい写真とかいってもらえると本当に嬉しいです。ありがとうございます♪
ヒルは靴の中に何度も入ってましたよ。私だってブルブルです。一応Mixiにその辺のことはみんな書きましたので、よろしければ覗いてみてくださいね♪

>> 2007/07/10 23:37
よ~かんさんよくご無事でしたねぇ
。。。ってくらい 危険がつき物の場所だったんですよねぇ?
でもでもぉ ずっと歯がゆい気持ちでいたよ~かんさんは
このすんばらしい光景を目の当たりにしてぇぇ もうもう
感動の一言じゃ表せない思いだったろうなぁぁと思うとぉ
私。。。大大感動してますぅ♪
写真も霧がでてるのが またイイ感じでステキですぅ
さすがよ~かんさん(。ゝ(ェ)・。)b

。。。ヤマヒル靴に入ったりしませんでしたかぁぁ
これだけでも 私はぶるぶるですぅ

幻想的な写真と スリル満点な登山体験をした気分でごじゃいますぅ
いつもありがとですぅ♪

わぁ よ~かんさんもmixiに。。。あとで行ってみま~すぅ

>> 2007/07/10 20:07
こんばんわ~
無事にお帰りになれたようでよかったです^^ (まだMixi見てないので、無事だったのかは。。。)
自然に囲まれていて素敵な滝ですね。素朴と言った方が適当なのかなぁ~。最近、滝を見ていないので梅雨が明けたらマイナスイオンを浴びにいってこようかと(笑)
それでは~^^

>> 2007/07/09 20:39
こんばんは

まさに秘境ですね
霧の滝というのも神秘的ですね
苦労していった甲斐がありますね

冒険気をつけてください

>> 2007/07/09 16:47
お久しぶりです。すっかりご無沙汰しております。
ページを拝見してビックリ!というか羨ましい限り!
僕の撮ってみたい被写体のひとつだったので。
いつかは100選を制覇したい!(無理ですって)な
んて思っているだけに、ただ、ここだけはまず無理だ
ろうと思っていただけに、拝見できただけでも幸運で
す、ホント。。僕はあいにく忙しさやだるさがあって
遠征できないでいますが、ここで拝見させていただき
小旅行に出た、そんな気分になりました。ありがとう
ございます。
にしても幻想的ですね!簡単に辿りつけない場所だけ
にシャッターを切った瞬間のよ~かんさんの感動がひ
しひしと伝わってくるようです!

>> 2007/07/09 07:25
お疲れ様でした^_^*
念願かなってよかったですねぇ~。
あまり天気が良くなかったようですが、達成感で一杯ではないでしょうか。オメデトウございます。

とても幻想的で、天気の悪さも自然の姿と言うか
とても素敵です。こういう場所も100選に選ばれて
いるんですね。

蒸し暑い毎日ですが、とても涼しい気持ちに
なりまた。

今日の清涼剤デス^。^♪。

>> 2007/07/09 03:07
>ミューさん
少しでも涼むのにお役に立てたのなら嬉しいです♪
100選の滝だけど、首都圏にいる人たちでさえ、この滝を見たことがある人は圧倒的に少ないと思いますよ。滝の前に辿り着いた時は感動半分、また戻るのかというげっそり感半分でした(笑)
一人で行きました。心細いけど、その分自由が利きますからね。この滝はずっと見たかった滝なので、一つつかえが下りた気持ちです。こちらこそ見ていただいてありがとうございました♪

>AYANさん
こんばんは~♪
私の場合、見たいものがあるとどうしても見たくて困ってしまいます。この滝もそうでした。実際普通の人なら特に難易度があるような遡行でもないのですが、何しろ至れり尽くせりとは正反対の場所ですから一歩間違えれば惨事です。そうなると一人だった場合はどうにもなりませんからね・・・
滝は最初辿り着いた時は全く霧で見えませんでした。仕方ないので待ちながら撮っていたらその場に一時間半以上いてしかも枚数も100枚以上。でもなんとかここに載せられるような写真はほんの少し。また行かないとダメですね(笑)
六枚目ありがとうございます♪ 超広角だと歪みが出るけどかなり近づいても全景が入ってしまったりして楽ですね~ PLで岩肌のテカリを抑えているんですが、利かせ過ぎると逆に違和感が・・・
おまけ写真の場所は、もう少し上で渡れないことはないのでそんなに怖くはないです。ただもしこの岩の上しか渡る場所がなかったら渡ってないでしょうね。めちゃくちゃ滑るんですよこれ(笑)
AYANさんも冒険してますね~ ショッキンググリーンってタイトルのヤツですか?すごく見てみたいです♪

>びーぐるさん
いやいや、私は普通の人よりも体力がないから大変な思いをしていますが、一般の方で方向感覚が鋭い人なら一人でも普通に行って来られるところだと思いますよ。
100選の他に以前載せた「本棚」とともに丹沢三滝と呼ばれています。三滝の最後の滝はとても行こうとは思えません・・・

>takakoさん
本当に無事に帰ってこれてよかったです。。
帰り道で足が攣ってしまった時はどうしよう?って思ったほどですからね~ お気遣いありがとうございます♪
この日この滝周辺は霧でもやがかかったような状態の写真ばかりです。そのおかげで実物は素晴らしい景観になってました。苦労していった甲斐は本当にありましたよ~♪

>ららさん
そうです。まさに汗と冷や汗・・・しかも霧で湿気が多く、車に辿り着いた時も全身ぐしょ濡れ状態でしたよ。
流石にこの時期で平日だったので登山客さえも誰一人会いませんでした。正体不明の獣が前方を横切ったのが一回あったきりです。
そうですね、途中のことがなければららさんにも是非見て欲しい滝です。私は辿り着くことが出来たので、もう次回からはルートに関しては問題はないかなあ。
四枚目の写真、ありがとうございます♪ 霧のおかげでああいう光線状態になりました。

>きみかるさん
本当によく行けたなあって思います。後半なんか道が全然なかったですからね~
霧の風景は難しいけど、見るだけなのであれば幻想的でとても素晴らしいですよね。私の写真でもし満足していただけるのならこんなに嬉しいことはありません。一人で行って事故を起こした時の事は常に頭に入れておかなければなりませんね。ありがとうございます♪

>> 2007/07/08 20:35
よく行けましたね。そして、よかったですね!!
霧のなかでも、霧のなかの風景の迫力があってとても好きです。6,7枚目は幻想的な感じもあって、とてもいいなって思うのです。きみかるは、こういうところには行けないので、見るだけで満足ですよ!!

ひとりで行かれるとき、必ず、足場、しっかりとしてくださいね。ケガされないでくださいね。

>> 2007/07/08 20:28
涼しげな滝ですね

でも、よ~かんさんは滝のような汗と冷や汗と疲労だったんですね・・・

見ててららも行ってみたくなりました
観光客がいないというのはいいですよね

霧が幻想的な雰囲気を出していますね

どれもすばらしいけれど
4番目のお写真がとくに大好き

滝の一番上のところの光がすてきです



>> 2007/07/08 20:23
無事に帰ってこれてよかったですね(^^)
お疲れ様ですm(__)m
1枚目の写真、全体的にブルーで神秘的ですね!
他の写真も、もや?がかかってるせいか今までに見た滝の写真とは違った感じですね。
苦労して行った甲斐がありましたね(^_-)-☆

>> 2007/07/08 18:53
正によーかんさんの面目躍如と言うところですね。
私のような凡人には到底想像できません!(^^♪

>> 2007/07/08 16:40
こんにちは♪

行くのが困難となると、余計行きたくなりますよね(笑
しかし、ひとりで行ってはいけないなんて、よほど危なんでしょうね、、、そこを行ってしまうよ~かんさん、さすがですね^^
無事帰ってこられて、そして素敵な写真を見せていただいて、良かったです~♪
霧がかかってとても幻想的ですね、、、霧も変化が早いですから、
撮影は難しかったでしょうね・・・
濃くなりすぎれば見えなくなってしまいますしね…
どれも、秘境っていう雰囲気が伝わってきて、ため息が出ます。。。
6枚目が特にお気に入りです^^

おまけ写真、怖いです(苦笑
ここを横切るのですか?ひえ~~~><;
私も昨年、滝撮影で、道なき道を、
山肌にへばりつくように歩いた経験があります。
それこそ落ちたら命はない・・・というようなとこで、
あのあとしばらくは、思い出すだけでも冷や汗が出るような、トラウマみたいになってしまいました。
(今はもう平気です^^)

>> 2007/07/08 09:53
今日は朝から日が照って暑かったので、最初の写真で、涼しさをもらえて、ほっとしました。
めったに見られない滝なんですね~。
たどり着くまでには、困難があったようですが、滝を見られたときは、感動されたでしょうね。
霧もかかって、幻想的な写真になってますね。
お一人で行かれたのでしょうか?
観光客の行けない滝、よーかんさん独り占めでしたね。
その滝を見せて頂いて、ありがとうございました。










ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/152-2d225e04

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。