07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/06/09//Sat * 21:42
●○不知沼の大杉

大杉01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

不知沼の池から車に戻り、もう少し林道を奥へ。
シラヌタの大杉の看板がある辺りに車を停め、そこから10分
ちょっと歩き。推定樹齢1000年以上といわれる老木が出迎え
てくれます。

大杉02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ここへはきちんと標識があり、特に迷わずに行くことができ
ます。樹高45m、根回り12m、この姿には息を呑みます。

大杉03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

近くにある若い杉を吸収しようとしてか、枝が貫いている様
が生命力を感じさせます。

大杉04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ごつごつとした枝を横に伸ばし、森の中にひっそりと佇んで
います。とても神秘的。

この写真たちは今回のシラヌタの池行きの時のものではなく、
二ヶ月と少し前のものです。撮影中、猪の親子連れと遭遇し
ましたが、心臓バクバクものでした。もし突進されていたら
間違いなくただでは済みませんから。生身で野生動物に出遭
った時、人間って本当に弱いよなあって実感します。


ここからはおまけ。
この日行った不知沼の池です。水量がとても少なかった。

不知沼の池22
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

不知沼の池23
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

不知沼の池24
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

前々回の記事の時と較べると面白いかも。
PLフィルターを使って水の反射を抑えています。

        撮影地:静岡県賀茂郡東伊豆町 2007/03/15

大杉05
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
撮影日:2006/06/22


これは去年見た時のもの。
この時、初めてこの木に出逢いました。


>> 2007/06/17 22:22
>EyeModeさん
樹齢1000年って、もう屋久杉級ですよね。この木は高さもありますが、枝の広がりもとても大きくてしかもどうなっているのかよく分からないです。
この木のある場所も、池もとても伊豆とは思えない山深くの場所で、とにかく何か棲んでいそうな場所ですよ。

>> 2007/06/17 08:37
樹齢1000年とは驚きですね。
3枚目の幹を貫通している写真にはビックリです。
5枚目のモノクロ写真も神秘的で好きです。
もうここは日常空間を離れた不思議な魅力を感じます。

>> 2007/06/12 22:05
>☆MIYA☆さん
まあとにかくすごい木ですね。
人里とかではない山奥深くの木ですから、いったいどんなものを見てきたのかなあって思います。
ご心配ありがとうございます。山の中に行っているとこういうことっていうのは結構あります。前にも至近距離で鹿とバッタリ出遭って向こうもこちらも双方酷く驚いたことがありました(笑)
こちらが車に入った状態でなら怖くはないですが、生身の時はゾクッとしますね。

>かげろうふん
おお、ひさしぶる。
最近しばらく動きがなかったからどうしたかと思っていたよ~
精力的に動いているというか、溜まるストレスをとにかく休みに発散!っていう思いで動いているだけかも・・・
この木は森の中にあるし、ちょっと人間の領域とは違うというか、そんな感覚がありますよ。

>> 2007/06/12 12:51
おひさ~
お礼参りにきました。
相変わらず精力的に活動しているのだね!
神秘的というか、いい意味で不気味さを感じる写真ですな~
『スリーピー・ホロウ』を思い出しました。

>> 2007/06/12 11:44
と~っても力強さを感じますねぇ
この木は触れることできるのですかねぇ。。。
色んな時代を見てきて 話を聞いてみたいですねぇ。。。
この木はこれからも ずーっとずーっとたくさんのものを見ていって欲しいですぅ

よ~かんさんご無事でよかったですぅぅ
ばったりは。。。怖いですねぇ 
自然に会いにだから ばったりはあるのだろうけどぉ
気をつけて下さいぃぃぃ

心にぐーっとくる写真を見せてくれて ありがとうですぅ(*´ー`*人)

>> 2007/06/11 17:22
>畑ちゃんさん
この樹は町の天然記念物に指定され、他にも巨木の100選に選ばれています。伊豆でも第一級の古木だそうですよ。あまり人が来ない(少なくとも一般観光客)のもうれしいです♪
斜面の途中にあるので撮りにくい場所なんですが、本当に森の中っていう感じの場所ですよ~

>ゆきぷーさん
こんにちは~♪
私も屋久島には必ず行ってみたいと思っています。
この東伊豆町の山の中は、屋久島に較べたら全然楽だと思うので、是非行ってみてください♪ その時はシラヌタの池、大杉、お化け杉と位置関係が近いので、全てみることをオススメしますよ。西沢渓谷10㎞を踏破しているのであれば楽勝ですよ♪ もし行くのであれば現地は少々分かりにくいので、地図とかでお教えしますのでお知らせください。
杉は見るときっと「はあー!」って思わず声が出てしまうくらいです。

>ジローさん
そうなんですよね~ こういうのに限らず、比較するものがないと大きさや小ささを実感させるのは本当に難しいです。でもだからといって人を立たせるのは安易ですし(笑)
周りに細い木があったりすると少しは違うかもですが、やっぱりこれってなんらかのセンスが必要なんでしょうね・・・この写真を参考にって言って下さったのは嬉しいけど、まだまだ修行しないとなあ。

>ちびこさん
私も実のところこういった写真って苦手なんですよ。何せ迫力をうまく伝えることが非常に難しい・・・
なんかスケールが小さく感じる写真になってしまいます。特に写真を小さくするので尚更ですね~
PLフィルターを使った写真ですが、今回のは特に使ってよかったです。使わないと岸辺が変に白く反射してしまって安っぽくなってましたから。でも高いんですよこのフィルター。77㎜のやつだと10000円以上ですもんね・・・高すぎる・・・

>ミューさん
ほんと、すごいですこの杉。初めて見た時は驚きました。いったいどうやって写真にしようかすごく迷ったことを覚えています、今年はもっと広角のレンズになったのでもうちょっと面白い表現が出来ましたが、それでも周りの状況から全部を納められなかったんですよね。大きい!

>takakoさん
杉の森の中に埋もれるように立っています。1000年ってとても想像できないくらいの長い年月ですよね。ずっと同じ場所に立って歴史を見てきたのだと思うと感動モノです。生命ってすごいです。

>TAKAさん
奉られてはいないのですが、一応柵をしてあり、町の天然記念物指定、森の巨人たち100選の中に入っている木です。確かにここまでの古木になると絶対に何かが棲んでいますよね。隣の木とは完全に融合していますが、怖いくらいです。

>きみかるさん
縄文杉!屋久島に行かれていたんですね~羨ましい。私も必ず屋久島には行こうと思っています。ちょっとした憧れの場所なので。
この木も伊豆にこんなところがあるのか?というくらい深い森の中にひっそりとあり、観光客が殆どないのでその分ストレスは少ないはず。いつまでも生き続けてこの世を見守っていて欲しいです。

>> 2007/06/10 21:56
すごい木ですね。いつまでも生きてほしいです。

こういう樹木も撮りたいのですが、足を悪くしてからは、なかなか行けません。こうして写真で見るしかないです。
縄文杉に会いにいったときは、聴診器もって樹液の上がる音を聞いて涙がでました。この杉も凄い音がきこえるんでしょうね。

>> 2007/06/10 20:59
ホント凄いですね!1000年だと完全に神様になっていると思うんですが、奉られてはいないみたいですね? 隣の若い杉を吸収しょうとしているのも、なんか生命の神秘みたいなものを感じます。

>> 2007/06/10 18:50
樹齢1000年ですか!
すごいですねぇ~!
この木はいろんな物、出来事をその場所でず~っと見続けてきたんですね(^^)
木が話をできるなら色々聞いてみたいですね(^_-)-☆

>> 2007/06/10 17:10
ワ~、巨木ですね。
隣の杉と一緒になって、若いパワーをもらおうというのでしょうか?
今年の写真のほうが、凄味を感じます。
この勢いで、まだまだ生きて欲しいですね。

>> 2007/06/10 16:43
うお~~!
私の苦手とする「巨大な被写体」だ~~。(^3^;)
3枚目の写真は特に、推定樹齢1000年以上という迫力を感じます!

PLフィルターいいなぁ。
私もフィルター使ってみたいです。

>> 2007/06/10 15:40
実物は大きな杉なのですが、写真で撮ると大きさを感じさせるのが難しいですね。よくあるパターンで杉を大人が数人で手をつないで囲むとかしないと大きさが伝わりにくい・・
そういう意味では、1枚目の写真は大きさが表現されていて凄いです。アングルとか参考にさせてもらいます。

>> 2007/06/10 10:48
よ~かんさん、こんにちは♪

「いつかは屋久杉を見に行ってみたい!」と思いつつ
きっとこの先何年も行けないままなんだろうなーって思ってましたが
もっと身近にこんなすごい杉があるなら
こちらに行って癒されて来ようかなーって思いました^^
とっても迫力がある大杉ですね!
ちょっとはパワーをもらえるかな^^

>> 2007/06/10 10:40
w川・o・川w オォーーー!!

素晴らしいですね~・・・・

まだまだ森の奥にはあるのですね・・・( ´ー`)フゥー...

でも~樹齢1000年以上とは~本当に凄いです・・・・
いつまでも残ると良いですね~(  ̄ー ̄)

ありがとう♪(#^ー゜)vです









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/144-2dba1420

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。