07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/06/01//Fri * 23:33
●○青樹ヶ原樹海

青樹ヶ原樹海01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

薄暗い森の中、朝日を受けて白く輝く。

青樹ヶ原樹海02
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

前回の記事で「別の用事」と言っていた正体がこれです。
朝5時過ぎにはもう樹海の中にいました。
今年も去年のように白銀の輝きを狙いましたが、残念ながら去年
のように前日が雨ではなく、乾いていて花もあまりきれいではな
く、狙い通りには撮れませんでした。

青樹ヶ原樹海03
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

去年と較べるとやっぱり花期が早いのか、ほぼ同じ時期に行って
いるのにもう終わりかけという感じでした。この写真が今回の中
で一番花の状態がよかったやつです。

青樹ヶ原樹海04
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

頭に太陽光線が直撃。暗い中に不気味に発光してます・・・

青樹ヶ原樹海05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

樹海内も少し。まだ太陽が出始めたばかり。

青樹ヶ原樹海06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

光が斜めに差し込む。

青樹ヶ原樹海07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

栂の木らしい。樹齢約300年らしい。

青樹ヶ原樹海08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

何の花か不明。小さいかわいい花でした。

青樹ヶ原樹海09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

木漏れ日。

青樹ヶ原樹海10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

最後にもう一度登場してもらいましょう。
今年もたくさん出逢えました。来年もよろしく♪

     撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2007/05/23

>> 2007/06/09 22:38
>renoさん
こんばんは~♪
ギンリョウソウはずっとみたいと思っていた植物で、三年前に初めて見ることができてから、毎年見に行っています。葉緑体がなく真っ白。本当に不思議な植物ですよ~
この植物を撮る時は光がいかに当たるかというのがとても大事なんですが、なんせ森の中、なかなか思ったように当たってくれません。とにかくそういうものを探すことが全工程のうち98%くらいでしょうか(笑)

>> 2007/06/09 18:49
こんばんは

銀竜草ですか
初めて見ました
なんだか妖気漂う感じですね
4枚目とても幻想的です

>> 2007/06/06 23:30
>☆MIYA☆さん
大抵青樹ヶ原を紹介する時はミステリースポットとしてで、面白がってそういうのばかりやってますが、遊歩道を歩く限りは全然迷わないし、方位磁石も特に狂わないです。ただし遊歩道から外れると、似たような景色、あちこちに自然の落とし穴とかがあって危険ですが。
まあ樹海の雰囲気はちょっと独特で、これは是非体感してもらいたいですね~ 朝はとても清々しいですよ♪

>hirameさん
こんばんは~♪
hirameさんとは好みが似ているので、やっぱりツボをついたところをお気に入りになってくれますね♪
私は光の位置が変わる数分間はずっと立ち止まっていましたよ~
少しでもhirameさんの心になにかホッとするものを上げられたのであれば本当にうれしいです。

>> 2007/06/04 19:26
こんばんは~
どのPHOTOも好きなんですが、
6番めの光が斜めに差し込んだPHOTOがお気に入りです。あと木漏れ日のPHOTO。
こういう場面はなんだか気持ちが安らぎますね。
6番の光景だったら、ずっと立ち止まっていると思います♪
今日はホッとしました^^
ありがとうございました。。

>> 2007/06/04 08:03
去年の写真は光を浴びて 透明の膜で覆われた感じですぅ
でも私は今年の透けるような真っ白な姿も好きですぅ♪

樹海気持ち良さそうですねぇ♪
夏にはよく登場する場所ですよね? あーゆうイメージが強かったのですが
全然 そんな怖々な感じは微塵も感じませんねぇ
テレビっ怖いっ(o゚c_,゚o)プププ


>> 2007/06/04 00:58
>polepoleさん
ギンリョウソウは三年前に初めて見ることが出来ましたが、それからは何故かいろんなところで見かけるようになりました。これに限らず今まで探していたものが一旦見つかるとあちこちで普通に見られるようになるってことありません?
今年はちょっと乾いていたのと終わりかけみたいのが残念でしたけど、これ、雨上がりに太陽光が透けるとすごくきれいなんですよ♪
ツマトリソウというんですね。ありがとうございます♪確かに調べたらそれっぽいですね。さすがpolepoleさん、助かりました♪

>ららさん
ギンリョウソウは特にこの林じゃないといけないというものはなかったと思うので、案外本当に生えていたかもしれませんね。是非探してみてください。この花は見え方によって素晴らしい状態になりますよ~♪
樹海も出来たら経験してみて欲しいです。独特の雰囲気がありますよ。

>ミューさん
この植物は光の当たり方、状態によっていろんな見え方をしますが、特に素晴らしいのは濡れている状態で逆光で見ることだと思います。逆に薄暗い森で光が当たっていないものを見ると真っ白で不気味なんですよね。でも小さいので私はかわいいと思う方が先なんですけど・・・
樹海は大抵朝一に入るので、こんな状態をよく見ることが出来ます。
本当は朝普通に起きれれば夜中に出発する必要もないんですけどね・・・

>ちびんこ。さん
もちろん覚えていますよ。おひさしぶりです~♪
ついに復帰したんですね。先ほどお邪魔させていただきましたよ。
この世の中って知らないことばかりです。すぐ隣やすぐ近くにだって全く知らないことがあることもありますからね。こうやってまだ自分で見たことがない世界をのぞこうとするのは楽しいですよね♪

>きみかるさん
ギンリョウソウの分布域は基本的に森の中なので、普通はなかなか逢う機会はないのでしょうねえ・・・
↑でも書いてますが、光線具合とか状態でだいぶ見え方が違います。この花を撮る時はなるべくこれに太陽光が当たってくれることを祈りながら撮っていますよ。
今年は少ないということはなかったです。ただ少し花期が早かったような気がします。

>> 2007/06/03 22:00
不思議な世界ですね。
ギンリョウソウって名前も姿もはじめてで
蝋細工のようだなあって思ってみさせてもらいました。
今年は、少ないのですか?暖冬のせいですかね。

木漏れ日の写真、好きです。

>> 2007/06/03 01:37
この名前で分かるかな…。
ご無沙汰してます。久々に復帰して参りました。
とても神秘的なこの世界。
なんだかやっぱりどっぷり浸かってしまいたい気分です。
とても神秘的な植物…。
まだまだ知らない世界が広がってるな
ってわくわくします。

>> 2007/06/02 16:42
光に照らされていると、ロウ細工みたいです。
不思議なお花ですね~。
樹海に差し込む朝日も綺麗です。
早起き、というか夜から出かけないと見られない光景ですね。

>> 2007/06/02 05:37
ギンリョウソウ
素敵で神秘的な植物ですね

お写真を見て直感的に
会ったことがあるような気がして

すぐ近くの公園にあったような気がして・・・
気のせいかしら??

ららも探してみま~す

樹海の木々の感じもとても素敵です

>> 2007/06/02 03:57
ギンリョウソウ 私も逢いたい植物の1つです。
こんなにたくさん出逢うことができたなんて!
名前のおわかりにならないという白い小さなお花は ツマトリソウではないでしょうか?
サクラソウのお仲間で普通は花弁が7枚なのですが このように6枚のもあるそうですよ。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/141-d143ea72

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。