09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/05/28//Mon * 02:44
●○ヤビツ峠

ヤビツ峠01
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

秦野清川線を清川側から入り、そのままずっと進むと秦野市へ。
市といってももちろん山の中。更に進むとヤビツ峠に出ます。
標高761m。売店らしきものとバス停、小さな駐車場がある切り
の場所です。

あちこちに登山道があるため、意外とバスが利用されます。
ちなみに写真の自販機の飲み物は、例えば120円のものは140円
と高いです・・・

ヤビツ峠02
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

登山者、ハイカーに有名なところですが、夜は走り屋にも有名
な場所。私はどちらかといえば夜に来ることが多かったので、
昼間の風景はあんまり知らないんですよね(笑)

ヤビツ峠03
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

峠の片隅に・・・

ヤビツ峠04
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

峠から秦野市側へ下って行くと途中で何箇所か秦野市側の風景
を一望できる場所があります。昼間もいいけど、夜景がとても
素晴らしいです。まあカップルと走り屋の世界ですけど・・・

ここからは清川側の方へ降りた途中にある、諸戸山林事務所と
いう林業の事務所らへんの写真です。
寂びれ具合というかそういったものがツボだったので・・・

ヤビツ峠05
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

ヤビツ峠06
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

人の気配があるんだかないんだか、そんな微妙な雰囲気。

ヤビツ峠07
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

マムシグサがかなり生えていました。

ヤビツ峠08
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

ヤビツ峠09
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

ヤビツ峠10
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

この事務所周辺はマムシグサを除き、PSの「CLEAR」とモノクロ
で現像してみました。特に「CLEAR」はツボで、いい味わいにな
ったのではないでしょうか。

以上で、秦野清川線の小さな旅は終わり。
とりとめもないものばかりで記事三回分を使ってしまったのは
意外でした。お付き合い、ありがとうございます♪

           撮影地:神奈川県秦野市 2007/05/18

>> 2007/05/31 01:31
>☆MIYA☆さん
この峠は走り屋のメッカでした。少なくとも昔私が走りに来ていた時は。でもまあ今も変わっていないんでしょう。なので道路のあちこちにこんな痕がありますよ。
おじいさん、キコリさんでしたか。やっぱり田舎とかが田舎だといいですよね。自分のところにはない風景とかがあって。いつも山の中に住んでいたらこうは思わないんでしょうけど、やっぱり都会より山や田舎がいいですね・・・

>ジローさん
クリアーって本来はこんな使い方ではないようなんですけど、たまたま使ってみたらハマりました♪
モノクロの黒の階調は元画像ではちゃんと出ているんですが、今色々と試行錯誤してまして・・・思いっきり現像時に階調の幅を狭めて昔の写真ぽいものを狙ったりって感じなんです。やっぱりこういう写真ってダメなんですかねえ?
おおっ!もうモリアオガエルとホタルの季節ですか!今度6月1日が休みだからカエル見に行ってみようかなあ・・・

>> 2007/05/29 22:09
PSの「CLEAR」ってのは良い感じですね。
モノクロは暗部の諧調が死んでる。コントラストとヒストグラムで追い込め~。

PS モリアオガエルとホタルはシーズンインしました!

>> 2007/05/29 07:36
山道?にブレーキ痕くっきり―― スタントの練習ですかねぇ。。ヾ(^o^;) ォィォィ

この雰囲気じーちゃんばーちゃん家みたいで
と~っても懐かしくてぇ うるっとしちゃいましたぁ
因みにじーちゃんキコリしてたんですぅ かな~り昔の話ですけどねぇ

最後から2枚目の大きな切り株??気になりますぅ

>> 2007/05/29 01:59
>きみかるさん
そうです、ピクチャースタイルのクリアのことですよ♪
確かきみかるさんのカメラはニコンじゃなかったでしたっけ?もしそうならピクチャースタイルってキヤノン独自のものなので使えないですよ。(違ったらごめんなさい・・・)他のRAW現像ソフトに同じような機能があるのかも知れませんが・・・
それにしてもきみかるさんもRAWで撮り始めるのですか?とても楽しいですよ♪ ちょっと最初は難しいかも知れないけど、慣れてくればそんなに手間はかからなくなります。今は私は全てRAWで撮っています。

>takakoさん
本当にレトロなところなんですよ。村だし山の中に入ればとにかく人工物が極端にない。
あの自販機はちょっと酷い。これって昔からそうなんです。100円の時代は120円でした。絶対に買わないです(笑)
そうそう、映画の八ツ墓村のことですよ。多分本当にはないと思いますよ。あの映画、金田一が寅さんってのがどうしても馴染めなかった(笑)

>> 2007/05/28 23:03
この辺りはレトロな優しい雰囲気ですね。
のんびりと時間が過ぎていってる感じがしますね^^
雰囲気は優しいけど自販機は高い!
現実的ですね(^_^;)

八つ墓村は映画のイメージです(^_^;)
本当にある村なんですか???

>> 2007/05/28 21:31
psのクリアってPーSTYLEのクリアのことですか??
このRAW現像、多分そうではないかなと思っていました。錆びた感じが、きみかる好みで、いつか撮りたいもの(京都大学)もこういう感じでしあげたいのです。ソフトは持ってません(笑)
いい味わいですよね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/139-02ad707d

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。