07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/03/18//Sun * 20:38
●○月待の滝

月待の滝01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝の裏側が抉れていて、そこに入り込んで裏側から滝を見ること
が出来ます。落差15mの控えめな感じのする滝。
この滝も冬は凍るらしいのですが、全くそんな気配はありません
でした。名前がとっても好きです。

常磐道那珂ICを降り、国道118号線をひたすら北上します。
この道沿い(大まかに言ってですが)にこの滝と前回の記事に載
せたの袋田の滝、この次の記事に載せる予定の滝があります。

月待の滝02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

月待の滝03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

月待の滝04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

滝の全景はこんな感じ。
平日で全く人がいなかったのだけど、一組だけいたので比較の為
に登場していただきました。ごめんなさい・・・
滝だけだと大きさがあまり想像できないけど、これであれば一目
瞭然です。

月待の滝07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

これは滝の横から。

月待の滝05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

月待の滝06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

月待の滝08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

そして滝の裏から。
この光景が見たくて茨城の北の方まで行きました。
裏から滝を見たことは今まで一度もなかったので、感動♪

月待の滝09
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

月待の滝10
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

おまけ。滝のすぐ横にありました。
なんとなく私も五円をお供えしたりして(笑)

この滝を見てまた引き返し、袋田の滝に寄った訳です。
この滝はTVドラマ「ガラスの仮面」の舞台にもなっていたらしい
です。どういう使われ方をしているのか見てみたかったなあ。

余談・・1
この滝の滝壺から少し下流のところに納豆を入れるような小さな
発泡スチロールみたいので出来た容器が浮いていまして・・・
これがとにかく邪魔!ちょうどいいところに浮いているので引き
の絵で滝を撮ったり、裏から撮ると必ず写ってしまいます。
仕方ないのでRAW現像時にスタンプツールで消しました・・・
今回の写真には何枚もそのゴミが写ってますが、全く分からない
はずです。
せっかくの景観がだいなし。なんでこういうところにゴミを捨て
られるのか、全く理解できません・・・

余談・・2
この滝に滝見茶屋「もみじ苑」というものがあり、ここの蕎麦が
なかなか旨いらしいのでここで昼飯にしようと楽しみにしていた
のですが、やってませんでした・・・
仕方ないのでもう一つ考えていた、ここから袋田の滝までの間に
ある道の駅「奥久慈だいご」って所でここにしかない奥久慈軍鶏
を使った軍鶏カレーを・・・と思ったら、売り切れ・・・
もうショックです・・・ 仕方なく同じところでとにかく軍鶏の
何かをと思い「軍鶏のささ身フライ付きオムライス」を喰らいま
したが、全然イケてませんでした・・・

         撮影地:茨城県久慈郡大子町 2007/02/09

>> 2007/03/29 10:55
>☆MIYA☆さん
お久しぶりです~♪
PC壊れていたんですか・・・
私も忙しくて殆ど顔を出せなくてごめんなさい・・・
この滝はそんなに大きい滝ではないけど、人間と較べるとやっぱり大きいです。
滝の裏側から見る世界ってとてもワクワクしますよ♪
仕事の方はもう少しで楽になってきそうです。MIYAさんも身体には気をつけてくださいね~

>> 2007/03/27 08:50
お久でございますぅ
パソコン壊れておりましたぁ〓■● バタッ

大きな滝ですねぇ
裏側に入り込んで撮った1枚目の写真
滝から流れる水が雫になっててぇ 水量は多くないのでしょうが
この雫から迫力も感じて 好きですぅ♪ま~るく見える滝の形もいいですねぇ

滝の裏側からの世界は そう見ること出来ないだろうしぃ
嬉しいですぅ♪ありがとうございま~すぅ┏○ペコッ

忙しい日が続いてるようですねぇ。。。
体調崩さないように 気をつけて下さい

>> 2007/03/22 21:01
☆コメントありがとうございます。いつも返事が遅くなってごめんなさい・・・もう少しこんな状態が続くかもです・・・


>ミューさん
こんばんは~♪
その通りです。滝の裏から見上げてしかも水を止めて写しました。滝の裏側って一度行ってみたかったんです。裏側から向うを見るとなんか不思議な感覚です。
まだこういうところにゴミがあるってのは、観光客がたくさん来るのだろうからってのもあるのですが、本当の山の中にゴミが捨てられているのは許せないです。だってそういうところに行くのは山が好きでっていう人しかいないはずなんですから・・・
食べ物は悲しかったです・・・

>ばばさん
一枚目、分からなかったですか? 滝の裏から上の方にカメラ向けて速いシャッタースピードで撮ってみたものです。
ゴミは・・・本当に哀しいですよね。ただこういうところにゴミを捨てる輩って、多分悪いと思ってやっていないと思うので、何言っても無駄なんですよね。私もせめて捨てない側になりたいと思います。

>アレッサさん
この滝は古くから信仰の対象で、この滝の内側で二十三夜の月が出るのを待ち、安産などを祈願するとのことです。で、月待の滝と名づけられたらしいですよ。
(どっかからの受け売りです・・・)
袋田の滝程は有名ではないかもしれないけど、結構有名っぽいですよ。
道の駅での食事って、当り外れがあるのですが、今回は外れです・・・しかしまさかカレーが売り切れとは思いもよりませんでした・・・食券買おうとしたら×がついているんですよ・・・

>polepoleさん
ここの滝はですね、滝の裏側が抉れていて、濡れずに裏に入れるんですよ~♪
この滝も凍るらしいのですが、全くそんな気配なかったです。
この滝は落差15m、滝の中ではかなり小さい方です。それでも人が立つと大きく感じてしまいますよね。
基本的に観光客が簡単に来れるような所は悲しいけどゴミは多いです。自分の庭にゴミを捨てられたら怒るくせに、こういうことは平気でやれてしまうんですよね。
食べ物はかなりずっと尾を引いてました・・・

>きみかるさん
全国に「裏見の滝」と呼ばれるものは何箇所かあるみたいです。どこでもいいからとにかく裏から見てみたかったんです。そうしたらたまたまこの滝が出かけた先の方面にあったので寄りました♪
食べ物は・・・結構私は食に拘るにも拘らず、一人で動くとロクなものを食べません。でもこの日は珍しく少しはいいものを食べようとしたらこの始末です(泣)
ゴミを捨てる方たちは多分何かいろんなものが欠けているのでしょう。

>そらさん
こんばんは~♪
ほんと、いい名前だよね~
裏が見られるのはもちろん、この名前にかなり惹かれたことは確かですよ。本当は滝の向こう側も大自然になっていれば言うことなかったし、撮影も力入ったんだろうけど、贅沢な話ですよね。
そのゴミが本当にいいツボの場所に落ちてた(っていうか浮いてた)んですよ。取ることができないし、引いて撮ろうとすると絶対に入ってしまう・・・かなりイライラしました。
実は次に行った旅行も、レーズンパン、ファミレス、サービスエリアでカレー・・・と心貧しい食の旅でした(泣)

>hirameさん
こんばんは~♪
でしょう?名前だけで行ってみたくなりますよね~
トップの写真のS/Sは1/500秒です。S/Sの違いでどう写るのかは実際に試すのが一番ですよ。三脚で何か(流れている水とかが一番分かりやすい)に向けて固定して、S/S優先モードで、遅いのから速くへ変えながら同じ構図で撮って比較すればよく分かるんじゃないかと。S/Sが遅ければシャッターが開いている分だけ動いた軌跡が写ります。こういうものって頭で考えるよりは実際にやった方が理解しやすいですよ♪

>takakoさん
滝単体だけだと大きさが分かり難いけど、こうやって比較できるものを写し込むととたんに雄大さとかそういったものが出てきますよね♪
こういったところに平気でゴミを捨てる人たちは、こういったところにゴミを捨てたくないと思う人たちとは基本的に違う生物なんだと思います。なので幾ら注意をしても逆ギレするだけで絶対に直らない。哀しいよね・・・

>EyeModeさん
裏側に入れる滝って幾つかあるようですが、結構立ち入り禁止になってしまったりして身近には見当たらなかったんです。やっと「裏見」できました。
この滝は裏に行くのに濡れることはないですよ。飛沫はかかりますけど。行くのもすぐ横から簡単に入れます。
私も自然の写真は出逢いや驚きを期待してそこに行くので、自分の受けた感動がほんの少しでも伝わってくれたら嬉しいです。ありがとうございます。

>> 2007/03/21 22:53
なかなか滝の裏側ってのはお目に掛かれませんが
よ~かんさんが貴重な写真見せてくれて嬉しいです。
でも裏側行くのには濡れてしまうのですか?

よ~かんさんのネイチャー写真驚きと感動ばかりで
とても楽しみです。

>> 2007/03/21 22:15
人と比較すると本当に大きいですね!!!
すごく迫力があります!
きれいな景色の場所にゴミが落ちてるのは嫌ですね。
マナーはちゃんと守ってほしいですね~。
せっかく滝にマイナスイオンいっぱいもらってるのに、バチあたりな人達ですね!

>> 2007/03/21 11:02
こんにちは~
月待の滝って名前が洒落てますね。。。
名前見ただけで、行っちゃいそうです♪
私も滝の裏側からは見たことないです。
だからTOPのPHOTOが好きです。
これはSSはどのくらいですか?
どうも水もの苦手です。
まだSS、どうしたらどう写るいうのが理解できてません。いつも考えてしまいますね。。。

>> 2007/03/21 00:29
こんばんは^^
月待の滝・・ほんと!いい名前だね^^
滝の裏側なんてなかなか行けないからこうして見れて
嬉しいです!

せっかくのいい滝もゴミなんか浮いていたら残念だよね!
ちゃんとマナーを守ってほしい!

今回は食べ物に恵まれてなくて可哀相。。。
次はめっちゃくちゃ美味しい物食べてね☆

>> 2007/03/20 22:03
滝の裏側に行ってみたいです。遠くまで行かれた甲斐はあったようですが、食べ物に恵まれなかったようで残念!!今度は恵まれますように
!!
ゴミはマナーを知らない人たちの多さにあきれます。

>> 2007/03/19 17:41
滝つぼに入られて撮られたのですね。
ひんやりとしていませんでしたか?
夏は丁度いいけど 冬はね~
でも 袋田の滝といい 凍っていないのですね~
やっぱり暖冬なんですね。

大きな滝なんですね。
ごみは 各自持って帰るというのが山でのルールだと思うのですが・・・
食べ物には ついていらっしゃらないよ~かんさんですね~お気の毒です。折角なのにね。

>> 2007/03/19 10:36
滝の裏側、面白そうですね♪
月待ちの滝? 本当に素敵な名前ですね。
写真を拝見していると、隠れた名所みたいに
思えるのですが とっても有名なんですか?
ガラスの仮面ね~、私も一度も見たことがないです。

軍鶏 ささみフライ付きオムライス・・
ちょっと美味しそうなのに残念でした。(>_<)

>> 2007/03/19 10:12
1枚目のお写真はどう見たらいいのか
よく分かりませんでしたよ。

何でこんな所に?と思うようなゴミがどこにでもありますよね。
ほんとがっかりですね。
せめて自分は捨てる側にならないようにと思います。


>> 2007/03/18 21:46
こんばんは~
一枚目、滝の裏から見上げたのですね。
滝の裏側へは一度行ってみたいと思いますね~。
遠くまで出かけられた甲斐がありましたね。
人物が写っていたので大きさがよく分かりました。

ゴミは困りますね、そうかといって、ゴミを捨てないでと書かれた看板を出されても困りますね。

食べ物にはあまり縁がなかったようですね(^^ゞ









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/113-a5a21ca3

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。