07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/02/19//Mon * 00:48
●○ダイヤモンド

ダイヤモンド01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

この日は雲一つない空。
場所は富士ヶ嶺。何度目かの挑戦でやっとです・・・
あまりにも正統過ぎて面白みに欠けるかも・・・

この撮影の後に↓の記事の樹氷を見に行きました。
この日は雲一つない晴れで、素晴らしい寒さ。ちょうど朝7時頃
山中湖を抜けていく時の温度が・・・

-11℃
FOMA SH702iD

これです(笑)

風があまり強くなかったので助かりました。
では日の出の様子を並べてみます。

ダイヤモンド02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ダイヤモンド03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ダイヤモンド04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ダイヤモンド05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ダイヤモンド06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

日が出始めてから太陽が山頂を離れるまで一分ってところ。
アッという間です。
私のダイヤの撮り方は、光芒を細くするのにF11以上で固定して
マニュアルでシャッタースピードのみをどんどんずらして数打ち
です。日が出始めると眩しくて設定を目で確認できなくなるので、
今のところこの方法しか考えつきません。もしいい方法を知って
いる方がいらっしゃったらご教授ください・・・

あとはおまけ。

ダイヤモンド07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ダイヤモンド08
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

もう太陽が山頂を離れたか?っていうくらいの時の写真。
派手な光芒ですが、光が強いのでまだ山頂にくっついているのか
どうか判断できません。結構好きですけど。
しかし、このレンズの光芒はやっぱりあまり好きではないですね。
EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMの方がいい光芒になるなあ・・・

まあとりあえずやっとまともなダイヤが撮れたので、ホッとして
います・・・

     撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2007/02/03

>> 2007/02/20 20:26
>ららさん
ありがとうございます♪
2/3に撮ったものなんですが、なかなかUPすることが出来なくて二週間も後になってしまいました。
ダイヤモンド富士はいろんな箇所で長い期間見ることが出来るので、そんなに珍しい現象ではないんですけど、どうも休みの度に雲が(笑)
レンズで太陽の光を線にするには絞りを絞ってあげれば出来ますよ。今回の撮影はF13で撮っています。
これって今度街灯とかで試してみてください。絞りを開放にしたものと絞ったもので比較すれば納得すると思います♪

>ミューさん
ありがとうございます♪
ダイヤモンドって行った回数の割りにあまり撮れていないのです。雨男の本領発揮っていうところでしょうか(笑)
光芒はレンズによって変わります。
http://abaraland.blog54.fc2.com/blog-entry-13.html
↑この記事を見てもらいたいのですけど、上の三枚はEF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMで撮っています。光芒がはっきりと違うのが分かると思いますよ。このように光の線が六本の場合は、絞り羽根が六枚のレンズ。ついでに言うと偶数の絞り羽根は同数の光芒、奇数の絞り羽根は倍の数の光芒になります。

>-さん
富士山の近くで撮る場合と遠くで撮る場合では全く違うダイヤになるんですよ。例えば東京とかからダイヤモンド富士を撮ると(全て夕方になります)、太陽は光の線にならずにまん丸な状態で山頂に沈んで行きます。露出補正を使えばかなりきれいな状態を撮れると思うので、今度チャンスがあったらまた挑戦してみてくださいね♪

>アレッサさん
ダイヤモンド富士は場所を選ばなければ長い期間いろんな場所で見られるので、そんな挑戦!って程大袈裟なものじゃないんです。ただ私が雨男らしいので難易度が跳ね上がってますけど(笑)
撮影は太陽が出る直前からシャッター切りまくりです。なのでかなりの量の写真になります。こういう撮り方はフィルムじゃ辛いでしょうね・・・
そうそう、ちょっと書き方を失敗したかなあって思ったんですが、-11℃は撮影場所に向かう途中、山中湖を通り抜けた時の温度。富士五湖の中ではダントツに山中湖って寒いんですよ。そして撮影場所の富士ヶ嶺は-6℃くらいでした。まあ暖かくはないですけど・・・

>polepoleさん
↑でも書いたとおり、ダイヤモンド富士ってそんなに珍しい現象ではないはずなんですけど、休みの度に雲が雨が・・・ってわけで、結局何度も通う羽目になってしまいました。結構何かに狙いをつけるとしつこいです(笑)
ダイヤモンドって、撮影地が有名な場所でなければカメラマンはそんなにたくさんいないんです。例えば今回は土曜の撮影だったにも拘らず、周りにはそんなにたくさんの人はいませんでした。これが田貫湖とか山中湖とかだと嫌になる程たくさんいます(笑)
そうなんです。この撮影って太陽をまともに見ることになるので、いかにこの状況の中で正確な操作が出来るのかってことなんでしょうね。お気遣いありがとうございます♪

>hirameさん
今まで撮ってきたダイヤはこれを含めて五枚ありますが(過去のはミューさんのお返事のところにリンクを貼っています)、実際現地に足を運んでいるのはその何倍です。見られた時はやっぱりウルウルします。
hirameさんに見せることが出来て嬉しいです♪
寒さは大体冬の富士山の夜明け待ちはこんな感じなので、慣れっこみたいなもんです♪ ご心配ありがとうございます♪
三枚目、とトップの光具合はどっちをトップにするかすごく悩みました。確かに三枚目の方が光の頃合がちょうどいいんです。何となく今回は気分で決めてしまいましたけど。
ダイヤモンド富士は朝と夕方と両方パターンがありますが、断然朝の方が好きです。段々空が明るくなってきて、山頂にポチっと光が差した時の感動が朝のダイヤの全てのような気がします。hirameさんも機会があればぜひ見てもらいたいです。。

>きみかるさん
何せ眩しいので、この撮影が終わった後は視界がなんだかよくわかんなくなります。目を瞑ると太陽の形がずっと浮かんでるし(笑)
寒さはアレッサさんのところでも書いたけど、-6℃です。書き方が悪くてごめんなさい・・・ まあでもすごく寒いですけどね・・・
シャッタースピードですけど、一番最初に絞り優先とかで太陽が出る前の明るい空の露出を見て、マニュアルにした時にそのシャッタースピードにします。で、太陽が出てきたらそこからどんどん一段階ずつシャッターを変えて撮ります。最初速くしていって、ある程度まで行ったら今度は遅くして行きます。何でこんな面倒なことをするかというと、太陽が出るに従って露出がどんどん変化するからです。変化する時間はとても短い上に眩しくて全然撮った写真のモニターどころか設定情報も見ることが出来ないので、こういう数打ちになってしまいます。
私は太陽の光芒を出したいので露出はアンダー(つまり適正露出よりシャッタースピードを速くする)にして光芒を表現します。この辺は好みの問題になると思いますが・・・
データですが、Exif情報は私の使用しているレタッチソフトで編集すると削除されるので見ることは出来ません。WBは連続写真の方は太陽光、トップの画像は日陰で設定しています。この辺りは微妙で、日陰とも言えるし太陽光とも言える状態なのです。でも見た目は日陰の方が近いでしょうか・・・

>EyeModeさん
ダイヤモンドは事前に何時何処って計算出来るので、しかもかなりの箇所で長い期間見ることが出来るのでそんなに難易度が高いわけじゃないんですが、雨男にとっては・・(笑)
結果、やたらに通う羽目になります・・・
雲一つない空ってこういう場合あんまり単調で好ましくないとはいえ、こういうのもありかなって思わせてしまうモノをもっている気がします。カッコいいっていうのかな・・・

>そらさん
こんばんは~♪
ダイヤモンドを撮りに行くと素直に一度で撮れた例がありません。今回もやっぱりそうだった・・・
そして待ち時間も入れて時間だけはやたらかかるのに、現象自体は1分ですからね。超集中しました(笑)
そらさんのところは気温は-何℃くらいまでが最高なんでしょうか?ちょっと興味ありますね~
ダイヤ、喜んでもらえてよかったです♪

>おきろんさん
ありがとうございます♪
出来立てホヤホヤではないけど、今年初のダイヤです♪
今年は後幾つ撮れるのかなあ・・・
この日は寒かったけど、風が無かったので非常に楽でした。風があると温度よりも何倍も寒く感じるし、隙間にしみるんですよ(笑)
ダイヤって、その瞬間の写真はよくあるけど、こういう風に段階で載せるのってあまりない気がするので、喜んでもらえてよかったです♪

>ちびこさん
この日は快晴だったので、見ている私もそんな感覚でしたよ♪
たいていいつもダイヤを撮りに行く時は雲がまとわりついたり直前まで見えなかったりと胃がキリキリしたりするんですが、今回は全く心配ない程最初から最後まで雲がなかったです。
レンズによって光芒は変わりますよ。このレンズの光芒は光の先が尖ったようにならないで広がってしまっているのがこういう写真では好きじゃないです・・・
でもそうするとこのレンズで尖った光にするにはスノークロスをつけるしかないですが、そうすると広角側ではケラれてしまう・・・

>renoさん
こんばんは~♪
久しぶりにダイヤが撮れました。半年振りです。
この場所からの富士山の形、風景が好きなので、なんとなく去年も狙いに来ていました。
renoさんも朝の富士山を撮られているようなので、ぜひダイヤも挑戦してみてください。いろんな場所で長い期間楽しめるので・・・

>びーぐるさん
ダイヤモンド富士は、写真を撮るとどうしても同じようなものばかりで退屈なものになりがちですが、実際に見ていると山頂に光が射し始めるまでの間と光が差した瞬間が素晴らしいので、本当は生で見て欲しいところですね~♪
チャンスに関しては、何時何処でってのが計算出来るので、いつも休みの日は何処で見られるかってのを計算していくんです。なので晴れさえすればこっちのものです。でも私の休みの日は晴れません(笑)

>巳ぃ。さん
撮るのはちょっとだけ面倒です。最初にどういう感じで撮るかってことを決めておかないと現象自体はアッという間です。
そして眩しい。モロに逆光で撮るので、眩しくてモニター確認とか出来ません。三脚で固定しておいてノーファインダーです。
コンパクトデジカメでF8でもキッチリ光芒は出ますよ。後は絞り羽根の枚数でどんな光芒になるか決まります。例えば4枚だったら十字の光芒に。
あと技術も知識も同じこと何度もやってれば自然に身につくと思います♪ 私なんか自然が好きで何度もしつこく行っているだけなんです(笑)

>> 2007/02/20 18:55
これは撮るのが難しそうですね!
マイナス11度・・・
見えなくなるから、撮るしかないのですね。

私のコンパクトカメラにはF8までしかないので、
やっぱりもっと良いカメラが欲しいなと思いました。

でも技術と知識も必要ですけどね(泣)
私もよ~かんさんみたいに素晴らしい写真が撮れるようになりたいです。

>> 2007/02/20 18:00
ダイヤモンド冨士とはよく聞くし見ますが
さすがにすごい光景でありますね!
自然のおもむくままですから、チャンスが大変でしょう?

>> 2007/02/20 14:48
こんにちは

素敵な
ダイヤモンドですね
03.04が良いです
すばらしい輝きです

いつか撮りたいですね

>> 2007/02/20 13:21
ついにダイヤモンドですね!
1枚ごとに、空気が澄んでいってるような錯覚を覚えました。

レンズによって光芒が違うなんて、私も初めて知りました。

>> 2007/02/20 10:22
おめでと~!!よ~かんさん!
ダイヤモンド。。ついに撮れたんだ!!
それにしても寒そうだけど、
これ、こんなに綺麗に撮れたらフットビますよね。
私もこういう写真、こんなにじっくり見たの初めてです。
ありがと~よ~かんさん。

>> 2007/02/19 23:24
こんばんは^^
ついに撮れたのね!
とってもきれいです~^^
でも時間にしたら1分くらいなんだぁ~

ー11度なんてこっちより寒いかも・・
お疲れ様(*^_^*)
私もきれいなダイヤ見れて嬉しいです♪


>> 2007/02/19 23:12
よ~かんさんの努力の賜物ですね。
ダイヤモンドの連続写真僕も楽しめて感謝します。

やはり1度や2度では自然の魅力は撮れません。
僕もよ~かんさんを見習わなければ…
しかし雲ひとつ無い空、爽快です。

>> 2007/02/19 21:43
きれいですね。そうそう、こういう写真をとったあとは眼がつかれますね。しかも極限の寒い中、すごい情熱!!見習います!!
シャッタースピードをずらすって遅くすることですか??まだ、データの読み方がwかあらないのですが、ホワイトバランスは太陽光ですよね??

>> 2007/02/19 20:38
すてきなダイヤモンド撮れてよかったですね♪
私も見れて、嬉しいです。
寒い中、大丈夫でしたか?
3枚目が好きです。ちょうどいい感じだと、私は思うので。
やっぱり、生で見たいですね。。。
きっとこういう光景は、私は撮影忘れて、ずーーーっと見てしまうだろうな。。。

>> 2007/02/19 16:32
よ~かんさんの執念を感じます。
氷点下の中を じっと待つのは辛いけど この楽しみが待っているのですね。
カメラマンたくさんいたでしょうね。
そそ!日の出とはいえ まともにこの光を見たら 目を悪くするどころか 失明しますよね。
気をつけられてくださいね。

>> 2007/02/19 10:03
あくなき挑戦!! 
これからも まだまだ続きそうですね。
始めは 小さなダイヤなのに だんだん
何カラットだ?と いうほど 大きなダイヤモンドに
なっているのが面白い~♪
いや~、それにしても マイナス11度の中での撮影なのですね。 指もかじかんじゃうでしょう?

>> 2007/02/19 09:28
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2007/02/19 08:05
おめでとうございます。
撮れましたね~。
綺麗ですね。
太陽が出始める直前、ワクワク?ゾクゾク?されたのじゃないでしょうか?

ふーん、レンズによって光芒って違うのですね~。

>> 2007/02/19 05:52
やりましたね♪
雲ひとつない絶好の天候と
よ~かんさんの情熱がつくった作品

すばらしいです

レンズの光芒ってはじめてみました
強い光のときにできるのですか?









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/105-88962567

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。