12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/01/31//Tue * 00:47
●○無題 #02

無題 #0201
Ricoh GR DIGITAL lll

天に届く。

続き…
スポンサーサイト


2012/01/24//Tue * 22:49
●○ブロックアート ③

ブロックアート21
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA X-TRA 400

ブロックなアレシリーズ最終回です。
この場所は崖に擁かれるように建てられているため、山側からは全く姿を確認
出来ないのですが、海方向への眺望が利くため、海側からは多分まるっきり姿
が見えているようです。静寂な誰もいない世界の中からこうして海を眺めるの
って、とても不思議な気分になります。ただ、ふと気が付くと小さな船が一隻、
じいっとこちらを見ているように静止しています。この建物を監視しているか
のように何時までもいるのが気になりましたが、その後すっかり忘れてしまい、
しかも特に何かあった訳じゃないので、問題ないと思いながら早八ヶ月。

続き…


2012/01/18//Wed * 02:27
●○ブロックアート ②

ブロックアート11
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak GOLD 100

前記事の写真ではなんでブロックアートという名が付いているのか、ちょっと
分かり難かったかと思います。まあ、そんな構成にしていたからなのですけど、
この記事でなんだか分かるんじゃないかと思います。

しかし、こういった被写体は派手でいきなり視覚に焼き付くので、撮影時には
かなり集中して惑わされないようにしないと、いつの間にかその「絵」をただ
撮ってるだけになってしまい、ただのそこにある「絵」の写真になってしまい
ますのでかなり気を付けていた筈なのですが、案の定「絵」をただ紹介したよ
的な写真を量産しました(泣) 一応はそうでなさそうな写真をなるべく並べた
積りなので、なるべく寛大なお気持ちでご覧いただければ(泣)

続き…


2012/01/14//Sat * 01:04
●○ブロックアート ①

ブロックアート01
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-A 50mm F1.7 / NEOPAN 400 PRESTO

廃墟ってのは大抵明確な場所を伏せられているのが多くて、機会があれば見に
行ってみたいと思っても中々そう旨い話はなかったんですけど、ここはそんな
へほ~な私でもなんとか見つけられた場所でした。通称ブロックアートという
名で呼ばれています。
見に行ったのは去年の五月。その時はカメラ四台を使って、やたらにたくさん
撮ってしまい、現像処理のことを考えたら面倒になりそのまま放置されました。
そして完全にUPの機会を失っていたのですけど、最近になって急に現像処理を
がんばったため、やっと日の目を見た訳です。

そういうことなので、なんだか写真がたくさんあって絞り切ることが超ど下手
な私が絞り切ることが出来る訳が120%なく、記事にして全三回分はUPしないと
収まりそうもないので、大変申し訳ありません・・・

続き…


2012/01/07//Sat * 08:09
●○冨士探勝 五合→六合

冨士探勝 五合→六合01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 28mm F2.8 / FUJI SUPERIA PREMIUM 400

幾らか前にUPした「富士スバルライン」の記事に「色々と連鎖があり、富士山
周辺のお出かけが少々増えまし云々。」という一文を載せましたが、その連鎖
の一発目です。富士山周辺には観光地、観光地じゃない場所を含めて自分的に
気になる場所がたくさんあり、それらを一つ巡るとまた次が気になるといった
感じで熱血探索が展開して行ったのです。すごく寒い季節に突入してしまった
ので、すぐ冷めて現在は中断されてしまい、続きはまた暖かくなった頃からあ。
ってことになってますが。まあ、とりあえずこれらを「冨士探勝」シリーズと
して不定期連載したいと思います。富士山関連で気になった場所とか、謎的な
こととか、そんなモノを見に行きたいって願望がタイトルに込められてます。
本当は行ったらすぐUPみたいな熱血UP!したいところなんですが、どうしても
フィルムが絡むのですごい驚く程遅くなったり、すごい驚く程季節がズレたり
しますので、ご注意を。まあ総じて地味なシリーズとは思いますが、生暖かい
目で見守っていただけれヴぁ幸いでございます。。

連鎖一発目に話を戻します。富士スバルラインで五合目に行った時の様子をUP
していますけど、これはその五合目に行った時せっかくなのでちょっと歩いて
六合目まで行ってみねえ?って決めて、歩いて行ってみた話です。何せこの日
はこの場所が紅葉全盛期って感じだったので、驚く程今の季節と合いませんが、
嗚呼またか!とでも思っていただけれヴぁ幸いでございます。。

続き…


2012/01/01//Sun * 12:34
●○新年

新年
Ricoh GR DIGITAL lll

謹賀新年です。

今年も相変わらず一発目の写真をどうしよう?って悩みましたが、一人で山や
街の中をゴソゴソと動き回る私を陰から支えてくれたこの相棒を使い、新年に
相応しい「新たなる一歩へ!」って一枚で行っときたいと思います。
この時計を使い始めて数年、色んな場面で助けられたことがたくさんあります。
このブログでも、数字遊びで何度か引っ張り出されています(笑) もうかなり
いい感じでボロボロになって来てますが、今年もこの相棒とともに未知の場面
を求めてゴソゴソと動き回りたいですね。。

そして相変わらず今年もかなりユルユルな感じで進行しそうですが、アレです。
水鳥は水面上では優雅に見えるが、水面下では必死に水掻きしているヤツって
のが素晴らしい喩えなので、薄暖かい目で見守っていただければ幸いです。。
それでは、今年もまた色々とよろしくお願いいたします。



[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。