11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/12/30//Fri * 00:20
●○或るポストの話

或るポストの話01
CONTAX T2 / Kodak PORTRA 160NC

少々不思議なというか、巡り合わせというか、そんな話をします。
以前「カフェーマル」という記事を載せた時、散歩の達人別冊の表紙にカフェ
が載っていたから云々という話を書きました。今回カフェ自体は関係がないの
ですけど、その雑誌に「葉山の丸ポスト」の記事と写真がポツンと載っていて、
それがかなり気になって仕方なく、いつか見に行こうと思っていたのでした。
さて、今年3月から恐らく十年は触ってなかったフィルム写真を再開しました。
その時の経緯は「CONTAX T2」の記事に譲りますが、少々験し撮りをした後に
「あ、そいえばあの葉山のポストはどうよ?」と、約10ヶ月ぶりにその記事の
ことを思い出して、3月10日に出かけたのでした。通勤ラッシュとかを避ける
ため暗いうちに家を出て、現地に到着したのは朝の6時前でした。

続き…
スポンサーサイト


2011/12/24//Sat * 20:44
●○薄笑系

薄笑系01
Ricoh GR DIGITAL lll

クリスマスイブに薄ら笑い!
・・・なんだか大変アブナイ人のような印象を受けますけど、大丈夫ですか?
それにしてもこのシリーズ、UPする度にどしどし地味になってる気がしますが、
大丈夫ですか?

と、サクッと疑問形から始めてみましたこのシリーズの最新号。今回もいたく
地味に進行して行きますが、トップはいきなり愚痴からです。11月29日に発売
された伝説の「スライム肉まん」ですが、結局私は一度も実物を目にすること
なく全滅しました・・・ 100万個の販売だってのに、12月頭で見ることすら
出来ないってのは一体どういうことですか(泣)
この間違えた文字のために書き直すこともしないやっつけ感漂う貼紙を見ると、
その度にフツフツと悔しさが。ファンタジーな一行目から、いきなり二行目で
現実に叩き落す哀終感が凄まじい。そしてその紙を店名のセロテープで貼って
あるのもまたやるせないです。

続き…


2011/12/18//Sun * 21:38
●○富士スバルライン

富士スバルライン01
Ricoh GR DIGITAL lll

富士スバルラインは、起点から富士五合目まで約30kmの有料道路です。料金は
そう易々とここを通ろうと思えない位高い(※個人の感想です)。そんな道路を
二ヶ月前にドライブして来ました。静岡側の富士スカイラインは何度も通って
いるんですが、多分この道路を通ったのは生まれて初めての筈かと思われます。
なんでここに来たのか? まあ殆どは只の観光のためなんですけど、いつかは
登ってみたいこの山(※只の願望です。登る計画は現在のところありません)の
多分基点になるここの五合目を一度は見てみたかったのです。
そして面白いことに、ここに来たことにより色々と連鎖があり、富士山周辺の
お出かけが少々増えました。今後折を見てはその経緯をUPして行こうかと思い
ますが、その切っ掛けを作ったこのドライブの写真をまずUPしておこうかと。
この道路全体の感想を述べておきますと、起点から五合目まで約1450mも標高
差がありながら、中腹を長~く突っ切って曲がってまた長~くを繰り返すため、
意外とカーブが少なくて運転がし易く、ところどころで絶景もあり、かなりの
素晴らしい道路かと思います。これでここまで高くなければなあ・・・

一枚目は、起点から料金所までの間にあるメロディーポイントです。このト音
記号のすぐ先から、道路上を車が通過すると「ふじの山」が流れます。行きは
前半、帰りは後半のメロディが流れるようになってます。ついでに云いますと、
道路の向こうに向うべき富士山がヒョコって見えるのもポイント高し。

続き…


2011/12/13//Tue * 23:24
●○nighT watcheS

nighT watcheS01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

月蝕 ①

この日は酔っ払っていい気持ちで帰って来たのですが、家も近くなって来た頃
ふと夜空を見上げると、なんか月が変な色をしています。あ、しまった今日は
月食の日だったじゃないか!これは大変だとばかりに家までダッシュをかけて
飛び込み、カメラレンズ三脚等を引っ張り出しました。レンズの三脚座がどう
しても見当たらず、もういいや(泣)と家を飛び出し、適当な所に走って超特急
でセット。月が変な色ということは、既に皆既月食中ということなので、妙に
焦りながら調整しながら撮りました。普通の月なら明るいのでSSはかなり速く
出来ますが、流石に月食、相当暗くてISO100では被写体ブレを起こしてとても
まともに撮れません。慌てたためにライトを忘れ、しかもデジ一眼を触るのが
久しぶりだったため、ISO操作が分からずボタンも暗くて見えず、もどかしい
ことこの上なし。で、当然酔いなど宇宙の彼方にぶっ飛んでしまってなんとも
哀終感が漂う感じになりました。そんな想いが一杯詰まった二枚をお届けです。
何せ200mmが私の持っている最高の望遠なので、写ったのは豆です豆。つまり
結構トリミングしてなんとか体裁を保ちました。あまりトリミングしてしまう
と鮮明さに欠けるのが丸分かりであり、適当なところで止め置くのが大人って
ものでしょう(泣) 

で、流石に月食だけってのも寂しい感じがしたので、ええい!ついでに適当な
夜景をコラボってしまえ!って感じでこんな記事になりましたね。

続き…


2011/12/06//Tue * 20:54
●○薬王院の紅葉

薬王院の紅葉01
Ricoh GR DIGITAL lll

去年の紅葉期に、ぷち登山部(会社の同僚たちと合わせて約三人位で構成され、
すごく軽い山に稀に散策に行くことがあるが、そのメイン目的はどうやら呑め
ればいいらしい)で高尾山に行った時の内、薬王院の写真一部をUPしておこう
かと思います。何故かというと、去年の薬王院の紅葉はとても素晴らしかった
のに、機会を逃して冬に突入したからです。でも結局今年もまた機会を逃して
冬に突入しましたが、痺れを切らしてUPしてやりました。

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。