12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/01/30//Sun * 00:01
●○工場もふ。

工場もふ。01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

世間には「工場萌え」とかいうモノがあり(中略)トーンダウンいたしました。
なのでさすがに「萌え」となどというタイトルを付けるのは精神的に辛かった
ので「もふ。」でいいじゃん「もふ。」で!とばかりにそんなタイトルでお茶
を濁しましたよ。
・・・っていうか、なんですか「もふ。」って。既に一体何を云いたいのかが
よく分からないよなあ・・などと思いながら、なし崩し的に第二回に突入して
行くのでした。嗚呼申し訳なし。

トップは市営埠頭バス停前。一瞬普通の道路写真ですが、背景には第一回目に
撮ったヤツらが犇いています。

続き…
スポンサーサイト


2011/01/27//Thu * 23:54
●○工場もへ。

工場もへ。01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

世間には「工場萌え」とかいうモノがあり、流行っているんだかもう終わって
いるんだか知りませんが、ちょっと前から興味はあったので、チョロっとその
世界を覗いて見ることにしました。ところが色々と何処に行くかとかこの世界
はどんなもんなのかを検索してたら、あまりに素晴らしい写真たちを見せ付け
られてしまい、私が撮ってきた写真たちを見ると地味だわ暗いわなんだか萌え
ないわで、UPする前に少しばかりトーンダウンいたしました。なのでさすがに
「萌え」となどというタイトルを付けるのは精神的に辛かったので「もへ。」
でいいじゃん「もへ。」で!とばかりにそんなタイトルでお茶を濁しましたよ。
「もへ。」とかやっとけば、タイトル見た人がきっと脱力しそのままの勢いで
「なんだか萌えなかったね」などとチラとも思わないまま見終わってしまうに
違いありません。そんな地味な感じなのに二回もUPします。嗚呼申し訳なし。

今回どこで萌えようか色々調べた結果、多分自宅から最も近い川崎の千鳥町と
いう場所にしました。夜中なら車で下道だけ使って一時間半はかからない距離
です。かなりお手軽に萌えられそうです。そんな訳でトップ写真は工業地帯の
入口「千鳥橋」から。

続き…


2011/01/25//Tue * 00:24
●○仲の沢林道 滝

仲の沢林道11
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

前回UPした仲の沢林道ですが、その道沿いに中ノ沢という川があり、その支流
が幾つか滝となって流れ込んでいます。道を走っていてその幾つかの内幾つか
がとても気になっていたけど、今までは素通りしていたのでこの二度目の敗退
はチャンスはチャンスとばかりに、いちいち立ち寄ってみることにしました。

林道の途中にあったなんて沢か分からない沢。ミニチュアながらとてもお見事
な五段の滝となって落ちています。そして小さいながらも最下段以外それぞれ
に釜を持っている感じ。上の方は見えませんがそんな雰囲気があります。
ちなみに四段に見えますが、それは私が最下段の滝上に乗って撮っているから
です。もしかしたら最上段の上も見えないだけで滝がある可能性あり。

続き…


2011/01/24//Mon * 18:25
●○仲の沢林道 道

仲の沢林道01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

前略、とある滝を見に西丹沢に行ったのですけど、中略。精神状態ではきっと
山中ロクなことがない筈で、敗退は後略。

・・・という出だしで「木ノ子幻想」という記事を前にUPしたんですが、上記
の挑戦後の四日後にまた懲りずに件の滝を見に行こうとしたのです。ところが
雨です。現地に着いたら雨です。さすがにこんな状態で独りでここに挑戦する
気になれず、またしても敗退(泣) 仕方ないのでいつも気になってた幾つかの
細かい物件を消化しながら帰ることにしました。その一部をこれから少々UPし
て行こうかと思います。この記事ではアプローチに使った林道を少々お届けし
たいと思います。あ、なんかタイトルおかしくね?とか思われた場合、それは
大丈夫です、間違いじゃないので。次回記事がUPされればきっと「なんだそん
なことかはやくさきにいえようアア嗚呼」と思われるに違いありません。

トップ写真はよくある水汲み場。あの○○の名水とかで、ポリタン持った人が
ウロウロしたりたむろしたりする場所の一種ですね。但しここがどんな名水で
いつもたむろしているのかは知りませんが、一回だけポリタン持った人が汲ん
でたのを見たことがあります。・・・それって本当に水汲み場なんだろうか?

続き…


2011/01/22//Sat * 21:11
●○迷歩 弐

迷歩 弐01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

迷い道への入口・・・

続き…


2011/01/17//Mon * 23:51
●○迷都 壱

迷都 壱01
Ricoh GR DIGITAL lll

刹那。 ※副題:「11月だったら完璧だったのに(><)」
何の気なしに時計を見ると、11時10分過ぎでした。なんという神懸り的なタイ
ミングか! もう慌ててカメラを取り出し、殆ど何も準備も出来ずにパチリで
あり、危機一髪。左側に地肌が見えていて見るに堪えないので、トリミング。

と、タイトルとは全然関係なさそうなトップ写真から始まる、都会的寄せ集め
写真集「迷都」。数ヶ月前に寄せ集めUPした「迷歩」の姉妹版です。何の脈絡
もない彷徨える街の写真たちをどうぞ・・・

続き…


2011/01/14//Fri * 23:55
●○at Marunouchi

丸の内にて01
Ricoh GR DIGITAL lll

もののついでってヤツで、昨年末に撮った夜景を勢いでUPしてしまいましょう。
世の中勢いってヤツが大変大切です。で、勢いでUPしようとしたら、とにかく
タイトルが全く頭に浮かびません。ホンの触りさえも浮かびません。仕方なく
横文字に逃げました。まあ横文字といっても殆ど日本語ですが。

そんなグダグダな出だしですが、大手町と有楽町を結ぶ仲通りのイルミを見て
来たヤツを少しUPです。東京駅丸の内南口で下り、中途半端にブラつきました。

続き…


2011/01/11//Tue * 00:01
●○そらの木 肆

そらの木33
Ricoh GR DIGITAL lll

前回の続きでありまして、壱、弐の時とほぼ同じルート、つまり押上⇒十間橋
⇒業平橋⇒言問橋と歩き、隅田川を渡り墨田公園沿いをツリー見ながら吾妻橋
まで行って、浅草駅から帰れっ! という感じでした。左に見えるのは言問橋。

意外と若干ながら工夫が見られる、参の写真たちに較べると、ちょっと今回の
肆はいたって普通な感があるかも知れません。

続き…


2011/01/08//Sat * 15:15
●○そらの木 参

そらの木22
Ricoh GR DIGITAL lll

東京スカイツリーが2010年12月24、25日と、工事用照明を使ってライトアップ
されました。見に行こうか悩んでいましたが、やっぱりこの姿でしかも工事用
の照明ってのももう完成してしまえば二度と見ることは出来ない訳だし、行か
なかったら絶対に後悔しそうだったので、仕事帰りに行ってみました。本当は
昨年のクリスマスにこの時の模様をUPできれば超タイムリーだったんでしょう
が、そうはうまく行く筈がありません。さすがです。二回に分けてUPします。
タイトルは、以前に見に行った時の記事から引き摺ることにしました。ちなみ
に以前のは此方となりますよ。 ⇒    そらの木 壱   そらの木 弐

トップは散々悩みましたけど、やはり好きな映り込みからでしょうか。

続き…


2011/01/05//Wed * 22:44
●○金時山

金時山01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これ!これです! 天下の秀峰ダーーーん!!とこの超ベタな山頂看板と共に
見渡せる絶景。初めてWebでこの景色の写真を見た時には「こんなんありか?」
と驚きました。なんか嘘くさいじゃないですか。これは是非見に行かなければ
なるまい!と思っていたのです。是非に自分の眼でその景色を見、そしてこの
看板と一緒にこの景色を撮らなければならぬう!などと思いながらも一年以上
経っていましたが、この間やっと機会が作れて行って来ました。

しかし「天下の秀峰」と自身の山頂で自身を「天下」と言い切るベタさ加減に
決して負けないこの絶景はどうでしょう? あ、ちなみに向こうに見えるのが
金時山ではなく、日本一のアレということは云うまでもありません。

続き…


2011/01/03//Mon * 00:04
●○初笑系

初笑系01
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

幾ら地味な写真たちだからといって、初笑いを「初苦い(はつにがい)」などと
勘違いはいけません。私から云いたいことはそれだけでございます。
という訳で、新年早々微妙なスタートをしましたが、ついでなので微妙なネタ
で畳み掛けるとします。せっかくなのでとってもキュートな困った顔の落葉君
でお出迎えさせていただきます。本気で困ってそうなのがぐっジョブ!

続き…


2011/01/01//Sat * 21:36
●○初日の出前

初日の出前01
Ricoh GR DIGITAL lll

明けましておめでとうございます。

今年の年明けはまごうことなく何の捻りもなしです。12/31~1/3までは仕事で
ございまして、本日は初日の出になる前に家を出たものですから、こんな写真
となりましたのです。もうヤケクソでこの日に初日の出の前の写真UPした上に
タイトルまで「初日の出前」なんて素敵なことをやるなんて、なんて画期的か!
と思うことにしましたよ。ああ、月と星が美しいなあ嗚呼~

相変わらずな弱スタートとなりましたが、今年も一年、どうかよろしくお願い
します・・・ たくさん冒険できたらいいし、たくさん記事をUPできたらいい
し、思っていることがみんな出来たらいいなあ嗚呼~

                  撮影地:神奈川県綾瀬市 2011/01/01



[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。