06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/07/29//Wed * 13:15
●○花々

花々01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

最近特に休みの度に雨になってしまい、嫌になります。でも現地で雨が上がる
ことを期待して出掛けてみたりするのですが、そこはやっぱり雨です・・・
この日も目的のものが雨で潰れて弱りながらウロウロしていたら、合歓の木が
ちょうど時期だったらしくてあちこちで咲いていたので、傘を片手に遊んでみ
ました。合歓の木ってすごい好きなんですが、今までうまく撮れた試しがない
ので、がんばってみたけどやっぱり微妙かも・・・

と、グダグダ書きましたが、最近あまりUPしてない植物を幾らか載っけます。
これというテーマで撮っていなくてどっか行った時の行きがけ駄賃単独でこれ
どうしよう?とか思っていたものの寄せ集めです(笑)

続き…
スポンサーサイト


2009/07/27//Mon * 14:14
●○木漏沢の滝

木漏沢の滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

丹沢湖下流にある河内川に、支流から落ちる滝。落差は10m越えくらい?
名前はかなりWebで調べましたが情報は殆どなく、合っているかどうかは分か
らないけど見つけたものを拝借しました。

続き…


2009/07/23//Thu * 00:37
●○尻芸術

燕01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

ツバメは、大きくなり飛べるようになってもしばらく夜は巣に戻ってきます。
これを何日か繰り返し、ある時巣には誰もいない日が来ます。この時が本当の
巣立ちだと思いますが、結構これが寂しいんですよね。今までいつも賑やかだ
ったのが、パッタリ静かになってしまうのだから・・・ まあ、毎年また同じ
ことを大抵は繰り返すのですけど。

で、大きくなって飛べるようになって巣に戻ってきても、体が大きいので前の
ように全部が収まりません。大体平均一つの巣に五、六匹くらいが詰まってい
るので、夜大きいヤツらが帰ってくると何故か頭から巣に突っ込んで寝ている
姿を見ることになります。多分糞をし易いようにと推測しているんですが。

で、この姿。これがこんな風にきれいに花開くようになる姿は中々見ることが
出来ません。大体がグチャグチャと思い思いの格好で突っ込んでいたり、綺麗
になっていても数が少なかったりとこちらの願う通りにならない。
ところがこの晩は完璧でした。これ以上場所的に入ることが出来ない、最高の
状態での芸術でございます(笑)

続き…


2009/07/21//Tue * 18:13
●○南紀旅・残景

南紀旅・残景01
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

今回の南紀旅の滝以外で撮った景色です。
とはいっても、あまりにも余裕がなくて殆ど撮ってない。しかもメチャクチャ
偏ってます。ササっと流してください・・・

1~5枚目は八草の滝周辺のところで適当に撮ったものです。
トップは久木橋。朝日具合がとてもいい感じだったので、思わず撮りました。
この橋を渡らないで手前を左折で八草の滝直下へ行けます。

続き…


2009/07/16//Thu * 21:01
●○八草の滝

八草の滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

はそのたき。落差22m。日本の滝100選の一つ。
日置川に流れ込む品瀬川という谷にかかっている滝ですが、何故か一つ上流側
にある八草谷の名前がついています。昔は「品瀬川の滝」と呼ばれていたよう
なんですが・・・

続き…


2009/07/11//Sat * 03:11
●○橋杭岩

橋杭岩01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

和歌山県は半島になっていますが、今回の旅では内陸をうまく移動できるよう
な道が無かったので、ほぼずっと海沿いを走りました。本当に山も海も素晴ら
しいですね。相変わらず余裕のない旅でしたけど、またここには必ず来たいと
思いました。

さて、この日に予定していた目的を終え、次の日に残している最後の目的地の
なるべく近くで車中泊をするため、ちょうどよさそうな道の駅を目指して走っ
ていました。前回までの記事に書いてますが、とにかく寝ていない喰っていな
いヘロヘロになっている状態だったので、もう夕方の時点であまり景勝地とか
に目が行かず、早く道の駅に着いて喰って眠りたい一心で走ってました。
ところがふと左手(海)に目をやると、海岸にドコドコと大きい岩が幾つも落ち
て(置いて?)いるような不思議な光景が。なんだこりゃ?なんて思って走って
いると、もっと不思議な光景が。大きい岩が一直線に並んでいるのです。

続き…


2009/07/07//Tue * 03:01
●○那智山

那智山06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

那智山といっても、今回の写真たちは熊野那智大社がある一帯のことを指して
います。しかし肝心の熊野那智大社には寄ってないし、この辺りのお寺や観光
名所のことは全く分からないままウロウロしていました(笑) なので写真たち
もそれなりですので・・・

続き…


2009/07/01//Wed * 23:37
●○那智の滝

那智の滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

なちのたき。落差133m。日本の滝100選の一つ。
他にも日本三大瀑布、日本三大神滝、那智四十八滝等々・・・
特に信仰と非常に深く関わっている滝で、風景は独特の雰囲気を感じることが
できました。滝とその周りだけを見れば、まるで原生林の中にいるような神秘
的なイメージを受けるので、こんな観光地化がされていなかったらもっともの
凄い滝だったんだろうなあ。

同じく日本三大瀑布の一つ、華厳の滝のような直瀑ですが、こちらの方が少し
優美な感じを受けます。その代わり迫力は華厳の方が上でしょうか・・・

続き…

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。