03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/12/31//Tue * 23:59
●○鳴門の渦潮 ②

鳴門の渦潮 ②01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

結局のところ、一番渦々している渦っぽい写真はこれであり、これ以上のモノ
は撮れませんでした。。 大体渦っている時間が短か過ぎるんですよ(泣)

続き…
スポンサーサイト


2013/12/02//Mon * 22:40
●○鳴門の渦潮 ①

鳴門の渦潮 ①01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak TRI-X 400

徳島旅を計画していた時、明るい時に鳴門辺りに到着するのであれば、ずっと
見てみたかった鳴門の渦潮を見られるのではないか?と思い立ちました。
渦潮はいつでも見られる訳じゃないらしいので、見られる時間帯、日にちとか
を調べてみると、渦が最もよく見られるのは大潮の時らしい。なんと今回到着
する日の正午辺りが引潮の大潮じゃないですか! まあ秋の大潮は満潮の方が
いいらしいのですが、なに、私にしては上出来です(泣) という訳で阿波の国
観光第一発目は「鳴門の渦潮」に決定です。変更は不可です。

続き…


2013/11/14//Thu * 23:59
●○阿波国にて・序

阿波国にて・序01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak TRI-X 400

昨年の今頃実施された、徳島の旅を何とかして行きたい。と思います。
ここんところの私の旅シリーズの中ではかなり大型の部類に入りまして、全然
ブログ更新が捗らない現状ではあまりにも重荷のために、UPするのを躊躇って
いる案件でした。一度スタートしまったら途中で中断出来ず、一体いつの頃に
シリーズが終わるのか終わりが見えず、少々気が遠くなったからです。そんな
こんなでずっと引き延ばしにして来ましたが、何で今急にUPしようかと思った
かといえば、丁度今の季節位に行った旅だったので丁度いいやあ、などと軽い
気持ちで勢いです。後でどうなっても知りません。

続き…


2013/06/29//Sat * 00:17
●○打上海星少少

打上海星少少01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

前回の番外編のような感じでしょうか。海星なんて素敵名前が付いてますけど、
要するにヒトデばっかりで構成された打上生物たちでございます。色々という
程多い訳ではないので、少々なタイトルとさせていただきました。しかしアレ
ですね、ヤツらが波打ち際で翻弄されている姿はどうみても遊んでいるように
しか見えず、最終的には打ち上げられてどうにもならない状況に陥ってるのを
見ると、哀愁感がピシピシと来ます。

そしてトップ。謎の不思議移動。ヤツは一体何を思ってこんな動きをしたのか。
しかも一箇所、ワザワザ引き返していたり。途中で力尽きてしまってこのよう
な図になっていますが、最後は元居た場所に戻りたかったのか。しかし出だし
のところと引き返しのところ、写真だと判り難いのですが、ちゃんとヤツの形
の跡になっていて、哀愁感がピシピシと来ます。

続き…


2013/06/22//Sat * 00:01
●○打上生物色色

打上生物色色01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

打ち上げられた鰯。元いた世界を眺める。

・・・などとちょっと感傷的な出だしスタートを一発。なんだかもの凄い時が
開いてますけど、砂茶碗ついでに浜歩き時に遭遇した色んな生物たちをほんの
一部、記事にしてみようかと思います。とはいっても、別に奇天烈な方たちが
登場する訳でもないので、読み流して戴けるとよろしいかと。

続き…


2013/05/30//Thu * 18:34
●○砂茶碗

砂茶碗01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

子どもの頃、何故かしらこんな見た目が地味そうな砂茶碗を見たくてしょうが
なく、図鑑とかをよく眺めていたものです。そんな砂茶碗、あれからとんでも
ない年月が経ち、実際に目にすることが出来るとは。っていうか、こんな年月
が経って初めて見ることが出来たってことは、真面目に探すつもりなんかコレ
っぽちもなかったんだろう?と推測されますが。まあ何にしてもこうしてコレ
の実物と貝殻拾いのおかげで出逢うことが出来ました。

トップ写真は結構幻想的な色をしていますが、これは朝焼けを映してこんな色
あいになっています。

続き…


2013/05/12//Sun * 02:48
●○材木座

材木座01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

まあ海続きってことで(なんだかかなり違うと思うが)、今年の一月にUPしてた
由比ヶ浜」と地続きの材木座海岸を行っときます。私が漂着物拾いを始めて
最初の頃幾らか通っていたのが材木座。鎌倉市東部を流れる滑川河口で分かれ、
西が由比ヶ浜、東が材木座となっています。漂着物的には材木座の方が圧倒的
に拾えたため、由比ヶ浜よりも材木座のばっかり行ってました。その材木座も
夏季になり、駐車料金が高くなったのを機に行かなくなってしまいましたが。

続き…


2013/01/17//Thu * 23:14
●○由比ヶ浜

由比ヶ浜01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

少し前にUPしていた石川県旅の中で「増穂浦」ってタイトル記事がありました。
その中で「日本小貝三名所」ってのに少々触れていて、増穂浦はその内の一つ
でした。ここで貝殻拾いに大きく興味を持ってしまった上、しかも小貝三名所
の内の一つが、地元といえば地元にある湘南海岸の一部、由比ヶ浜とあっては
行かない訳にはいかないじゃないですか(泣) いかいでか!(泣)
と、そんな感じで、今まで殆ど好んで海に行くことなんかなかったのに、この
ひと夏、偽ビーチコーマーの嵐が吹き荒れました。正にその発端となった最初
の一歩が由比ヶ浜であり、今回はその風景を少々載せてみたいと思います。

続き…


2012/12/22//Sat * 00:57
●○千里浜

千里浜01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

正確に云うと「千里浜なぎさドライブウェイ」なんですが、些か長いタイトル
なもんで、仕方なく大幅に端折ってみました。所謂大人の事情ってヤツです。

そんな訳で、加賀その他漢裸一貫独り旅立ち旅情の巻。最終回です。思い返し
てみると、このシリーズが始まったのが八月終りから。ソレなのに今回の記事
を含めてもたった九つしかUPされてない。気が遠くなり過ぎて気が遠くなって
しまいました(泣)

そんな訳で、千里浜に戻りますが、宝達志水町から羽咋市を跨る延長約8kmの
砂浜を車を走れる観光道路です。砂浜を走れるなんてなんて素敵浪漫であるか
これは行かなきゃ損だ!みたいなことがありまして、帰りに通ってみようって
なったのです。トップはなんとなく車でグルーリしてみたら丁度よく収まった
感じの絵です。

続き…


2012/12/10//Mon * 01:23
●○見附島

見附島01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

かなりの大昔のこと、小学生の頃に写真でこの島を見て、行ってみたくて仕方
なかったのだけど、あまりに遠く、更に小学校の頃一度だけ能登へ旅行に連れ
て行ってもらった時もここまでは来なかったので、私にとって幻の場所でした。
そういえば今回の旅は思い切り能登半島巡り。この場所を行程に組み込まずに
いらりょうか!
・・・なんだかラスト変な日本語になっている気がしますが、この島をこの目
で見ることが出来た時はホントに嬉しかったです。

トップは、ちょっと幻想ちっくな雰囲気で攻めてみました。

続き…

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。